酒は百楽の長とは、適量ならどんな良薬よりも効果があるといわれているからです。 少量のお酒なら血液のめぐりや体調が改善してストレス解消に役立ちますが、COPD患者さんの中にはお酒を飲むことによって息苦しくなったり、タンをか・・・