受動喫煙は赤ちゃんが突然死する乳幼児突然死症候群の原因のひとつ!

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、元気な赤ちゃんが眠っている時に突然死亡してしまう病気で生後2ヶ月から6ヶ月の頃によく発病する事が多い

国内では7,000人に1人のケースで発病することが分っていて、 「受動喫煙は赤ちゃんが突然死する乳幼児突然死症候群の原因のひとつ!」の続きを読む…