別に吸いたくないけど。。。タバコがあるから吸っているだけ(泣)文句ある?

ほとんどの喫煙者が禁煙中にタバコを吸ってしまった原因として、ストレスや不快感を我慢できずにタバコに手を出してしまうという調査結果がでています!

タバコとニコチンの関係はとてもシンプルで喫煙者の体内にとりこんだニコチン量が不足すると、脳が「おいっそろそろタバコ吸ったほうがいんじゃねぇ!?」と 「別に吸いたくないけど。。。タバコがあるから吸っているだけ(泣)文句ある?」の続きを読む…

吸いたい気持ちを我慢出来ないのは血中ニコチン濃度が不足してるから!

「寝起きの一服は格別だ!」と朝、目が覚めた時ときにタバコを吸いながら感じる喫煙者は多いと思いますが、これは眠っているうちに喫煙者の血液内のニコチンがほとんど失くなってしまうためです。

まぁ夜中に起きてタバコを吸わなければという条件が付きますが・・・・ 「吸いたい気持ちを我慢出来ないのは血中ニコチン濃度が不足してるから!」の続きを読む…

吸い過ぎると気分が悪くなるのは、脳がニコチンの量を調整するからデス。

吸い過ぎには注意しましょう」なんて言葉は医者から忠告を受けるときにだけ聞く言葉ではありません!

喫煙者の脳は、タバコを吸ったとき体に吸収されるニコチンや一酸化炭素など、 「吸い過ぎると気分が悪くなるのは、脳がニコチンの量を調整するからデス。」の続きを読む…