Sponsored Link

北京といえば喫煙大国というイメージが先行しがちですが、本日2015年6月1日よりショッピングセンターや飲食店など公共施設の屋内外での喫煙を禁止して、違反する者には罰金を請求する制度が適用されると中国日報が報じています。

タバコを吸う人からすれば迷惑な話でしかありませんが、世界的に見ても喫煙人口が減少しつつある現在、中国の政府も禁煙対策に乗り出したというところでしょうか・・・



こんにちは、運営者のMappyです。
喫煙国家の中国でもついに禁煙対策が打ち出されるようです。
喫煙者にとってより居心地の悪い社会になりそうですね(汗)



北京の禁煙対策・・・違反者は最大4,000円の罰金を支払うハメに(泣)



北京、禁煙条例
[記事参照:ejinsight.com:Beijing starts enforcing smoking ban]

本日6月1日より、北京にある公共施設では屋外・屋内を問わず喫煙が禁止されたと中国日報が報じました。今後は、女性や子供が利用する競技場、電車・バス・タクシーなどの公共交通機関、病院、小中学校など多くの人が利用する公共の場での喫煙が出来なくなります。

公共サービスを提供するオーナーが違反した場合、最低でも20万円の罰金が課せられ、喫煙者が違反した場合は約4千円(北京の平均月収は、約7万2千円)の罰金が課せられることになる!

ただ、北京市内に600以上あるバス停留所に喫煙スペースも提供される予定でタバコを吸う人にも配慮したカタチとなっています。

現在、世界最大の喫煙大国である中国では、全人口11億人のうち約3億人の喫煙者の為に、7億人が受動喫煙の被害にさらされていると言われており北京だけでも15歳以上の喫煙者人口は420万人(総人口は1151万人)と全体の半数近くの人がタバコを吸っています。

今回の北京での試みが中国全土に広がるかどうかはわかりませんが、中国が喫煙対策に乗り出したことはタバコのない社会、受動喫煙の被害者を減らす取り組みという点では評価できるのではないでしょうか・・・・

ただ、今回の取り組みによって喫煙人口が減少に転じるかは不明とされているようですが・・・

※追伸、今回の北京での禁煙対策の取り組みはWHOから大きく評価され、先日5月31日の世界禁煙デーで表彰されたようですね!

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link