Sponsored Link

昨年、日本たばこ産業が行った喫煙率の調査では、初めて20%を下回ったとうニュースは記憶に新しいですね!今後の喫煙率の減少は続くことが予想されており、近い将来、日本人がタバコを吸わなくなる日が来るのかもしれません!まぁ、実際はタバコを吸わなくなるというよりも、吸えない環境がますます整備されていくのだと思いますが・・・

一方、タバコに含まれる化学物質が身体に及ぼす影響を調べる研究も進み、重いがんや心臓病、ウツなどを引き起こす可能性がタバコを吸わない人に比べると大きくなることが分かっています。

また、毎日を健康に生活していくうえで欠かせない睡眠についても、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素などの化学物質が睡眠を妨害して、睡眠リズムのバランスを崩し、不眠症や睡眠時無呼吸症候群などの障害を引き起こす原因となっている

もし、日中眠たくて夜眠れない日が、何年も続いているようであればタバコを控えることです。



こんにちは、運営者のMappyです。
このカテゴリではタバコの疑問や
僕のおすすめタバコ本について書いてます!
気に入ったら購入してね!



タバコを吸う事で睡眠時に起こる6つの障害

喫煙は、睡眠リズムを不規則にして疲労を蓄積させる!


2013年に、アメリカのロチェスター大学医療センターで行った研究では、喫煙が肺と脳の遺伝子に異常を起こし、睡眠リズムを不規則にすることが判明しました。この研究から、憂うつ、落ち込み、怒り・・・etcなどの気分障害を慢性的に感じる事が多くなり、最悪のパターンでは日常生活に支障をきたす恐れがでてきます。

寝ている時に呼吸が止まる原因も喫煙が影響しています!


2011年に行われた研究によれば、喫煙者はタバコを吸わない人に比べ、閉塞性睡眠無呼吸症候分を発症する確率が2.5倍も高まることが分かっています。一般的な睡眠時無呼吸症候群よりも深刻で、突発的に喉の筋肉が機能しなくなるので、そのまま死亡することもあります。

喫煙のせいで常に眠りは常に浅く、夜中に何度も起きることに・・・


2008年に、ジョンズポプキンズ大学で行われた喫煙者の睡眠パターンの研究によれば、タバコを吸い続ける限り深い睡眠をとることは出来ず、常に浅い眠りを繰り返すことが分かっています。夜中に何度も起きるので、結果として日常的に身体が怠い状態が続き仕事に集中できない事が多くなる。

一方で、タバコをやめると浅い眠りの状態が改善されグッスリと眠れることも判明しています。

眠る2時間前にタバコを吸うと、眠らないまま朝を迎えることが多い!


夜眠る前にタバコを吸うと、ニコチンによる興奮作用で夜眠れなくなる、特に眠る2時間前にタバコを吸う人は、眠らないまま朝を迎えることが多い!万が一、眠れたとしても朝起きてすぐに禁断症状が出て落ち着かない状態が続きます。

夜眠れない不眠症に苦しむのは、タバコが原因!


喫煙は、睡眠リズムを不規則にするので不眠症を引き起こす可能性が高まります。タバコに含まれるニコチンには、強力な興奮作用があるので、眠る前にタバコを吸うと眠れなくなることが多い!アメリカで行われた研究では、30代以上の女性で毎日のようにタバコを吸う人には不眠症が多いことが分かっています。

禁煙に成功してもタバコを吸わなかった頃の睡眠リズムを取り戻す可能性は低い!


あなたが禁煙に成功する事で睡眠リズムが改善され、グッスリと眠れるようになるでしょう!ただ、残念なことにタバコを吸わなかった頃の睡眠リズムに戻ることはありません!

ですが、不眠症や睡眠時無呼吸症候群など辛い睡眠障害を改善したいのであれば、1日も早くタバコをやめることです。

今回紹介した内容は、主婦の友社から出版されている「禁煙できる100のコツ(940円+税)」の中で紹介されているのを元ネタに記事を書いています、他にも禁煙に対するヒントや役に立つ内容が書かれていてMappyもよく読んだ本のひとつでとてもお勧めです。以下に販売サイトを記載しておくので興味がある方は呼んでみてください!
みるみる禁煙できる100のコツ



>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link