Sponsored Link

喫煙者は「ストレス解消のため」とか「一服するとイライラが納まる」などと言いますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

もしかすると、ストレス解消のつもりでタバコを吸う行為がストレスの原因かもしれません・・・

喫煙時は過呼吸になり心拍数が上昇するので心臓がバクバクと早く脈を打ちます、これはタバコに含まれるニコチンが血液を収縮させたり、一酸化炭素を大量に取り込むことで血液中に含まれる酸素が不足するので、体に負荷がかかり疲労が蓄積されていきます!

喫煙者がタバコを吸ってスッキリしたと感じるのは、ニコチンが体内に取り込まれることで脳が勘違いを起こしてしまい興奮物質であるアドレナリンを分泌してしまうからです。

1日に20本以上タバコを吸う喫煙者は、体内からニコチンが無くなることでストレスを感じ、タバコを吸うことで興奮状態になるということを繰り返しているケースが多い!



こんにちは、運営者のMappyです。
このカテゴリではタバコの疑問や
僕のおすすめタバコ本について書いてます!
気に入ったら購入してね!



喫煙は出口の無いメビウスの輪を延々とさまよい続けているのと同じ!


タバコを吸うときはどんな時が多いのでしょう・・・仕事中?休日の家?それともお酒を飲むとき?パチンコをしてるときだろうか?

本数が増えるのはストレスが解消しないから?それとも嬉しいことがあった時にだけタバコを吸うのでしょうか・・・

喫煙本数について質問すると、ほとんどの喫煙者は疲れているときほどタバコの本数が増える傾向があるようです。

考えてみてください・・・ 遅くまで残業したときは飲み屋に寄ってタバコを吸いながら酒をグイっと飲んだりしませんか?または、仕事帰りに寄ったパチンコ店でなかなか当たらなくてイライラしするとタバコを吸いませんか?

そもそもタバコを吸うのは、ストレス解消のためではなくタバコが無いと不安になるからかもしれません!

ですが、喫煙行為はメビウスの輪のように出口のない道をひたすら歩いているようなもの、禁煙したいという意志があるうちにタバコとの関係を断ち切らないと、必ず「こんな筈じゃなかった(泣)」と後悔する日がきてしまいます!

まぁ、喫煙者のなかには「過去に何度も禁煙に挑戦したけど、結局やめれなかったから今もタバコを吸っている」なんて人もいるでしょう!

いいじゃないですか・・・何度失敗しても、大切なのは禁煙したいという意志を持ち続けてトライすることをやめないことです。

諦めたらそこで終わりなんです、タバコをやめたいという意志があるうちは続けて下さい、自分でやろうと決めたことは続けることで必ずできるようになるものなんだ!

小さいころに自転車に乗れるようになるために何度も転んで、身体中アザだらけになっても諦めずに続けた経験がある人なら分かるはずです。

自転車に乗れたときの嬉しさを・・・・ タバコをやめるということも同じことなんですね!

「何度挫折しても諦めないこと・・・」禁煙に挑戦することがストレス解消にも繋がりますから・・・

質問者の写真
禁煙したいけど、タバコが吸えなくなることをかんがえると怖くて・・・



解答者の写真
そうだね、ストレス発散にはタバコは欠かせないアイテムだよ!



質問者の写真
でも、禁煙したいんだよ(泣)



解答者の写真
なら手元にあるタバコ捨てればいいのでは??



質問者の写真
・・・それ、何度もやったし(汗) 禁煙しても3分でタバコに火をつけて吸う自信はある



解答者の写真
・・・最悪(# ゚Д゚)



質問者の写真
どうしたらタバコがやめれるのか教えてくれぇ



解答者の写真
・・・・タバコを売っていないところで生活する



質問者の写真
(=o=;)・・・ そりゃータバコやめることできるかもしれないけど、そのまえに人生もやめることになりそう(泣)



今回紹介した内容は、主婦の友社から出版されている「禁煙できる100のコツ(940円+税)」の中で紹介されているのを元ネタに記事を書いています、他にも禁煙に対するヒントや役に立つ内容が書かれていてMappyもよく読んだ本のひとつでとてもお勧めです。以下に販売サイトを記載しておくので興味がある方は呼んでみてください!
みるみる禁煙できる100のコツ



>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link