Sponsored Link

女性や若い世代に人気があるメンソール系のタバコは、煙を吸い込んだ時にスッキリ感や爽快感を得られることが支持される理由なのでしょうか?





こんにちは、運営者のMappyです。
このカテゴリではタバコの疑問や
僕のおすすめタバコ本について書いてます!
気に入ったら購入してね!



JTも禁煙してほしくないから香料を使ったタバコ戦略をしてる?


 タバコ消費率が毎年減り続けるなか、日本たばこ産業もメンソール系のタバコやラム酒やバニラ等の香料を使用したタバコを売りだすなど、市場開拓を続けていて最近の流行りはスリムで甘い香るメンソール系のタバコ(ピアニッシモ)の売上が好調なようです。

タバコのパッケージを見ても女性や若者が好むようなタイプのデザインが主流になっていて、以前のようなオヤジ臭いパッケージ(マイルドセブンやハイライト等のデザイン)をあまり見かけなくなった気がしますね!

僕の年齢は30代後半なので、今では立派なオヤジですが吸い始めた10代後半の頃に愛用していたタバコは、メンソール系が多かった気がします。当時は今みたいにメンソール系のタバコは多くなくてマルボロメンソールやセーラムなどを好んで吸っていました。

なので、若者がメンソール系のタバコを好むというのはあながち嘘ではないように思える!

メンソール系タバコを好んで吸うのと、禁煙はまったく反対の行為ですがタバコをやめようと思った時に、メンソール系のタバコを好んで吸う喫煙者は禁煙しても長続きしないという研究結果が、アメリカのカルフォルニア大学在籍であるマーク・プレチャー助教授らの研究機関によって証明されたようです。

どのような試験をしたのかはわかりませんが、禁煙をした喫煙者のうち、メンソール系タバコ喫煙者とマイルド系タバコ喫煙者を15年に渡って追跡調査した結果、メンソール系タバコを好む喫煙者は、マイルド系を好む喫煙者の約2倍もの確率で、禁煙しても再び吸い始めることが多かったという驚きの結果がでている!

メンソール系タバコを好む喫煙者の禁煙失敗率が多い根拠は詳しく書いてありませんでしたが、タバコを吸わない時でも、アメやガムにもメンソールが含まれているので、口に含んだ時の爽快感をタバコと重ねてしまうのでしょうか?

ただ、タバコの害を調査している研究者の中には「ニコチンやタールといったタバコに含まれる有害成分が、少なく表示されているメンソール系タバコは、呼吸する役割を持つ肺の根本まで、タバコの煙を吸い込んでしまうので、マイルド系のタバコに比べても体に受けるダメージは相当なもの! いますぐ禁煙を始めて欲しいくらいだ」とメンソール系で軽めのタバコを吸うことの危険性を指摘する!

タバコ先進国のアメリカでは、喫煙者を減らすとりくみを国を上げて取り組んでいて、未成年者や女性が好みそうな、メンソールやバニラなどの香料を含んだタバコの製造や販売を禁止する条例も可決されています。

喫煙者のタイプにもよるかも知れませんが、僕も始めて禁煙をしたときに吸っていたのはメンソール系のタバコ(タールとニコチンの含有量は多かった)でした。

まぁ始めての禁煙は1日も持たずにコンビニへ駆け込み、タバコを手に入れて気が付くと吸い始めてたんですけれど(汗)

ただ、メンソール系のタバコって慣れてくると後味が悪くなったり、ノドが渇くみたいな症状が多くなったり、煙を吸い込んでもムセることが増えてきたので、しばらくするとマイルド系のタバコを吸うようになっていた気がします。

なので、メンソール系タバコを好む喫煙者が禁煙しても長続きしないという研究結果の真相は謎です。結局、メンソールだろうがマイルドだろうが、禁煙しても吸いたくなったら我慢できないってことじゃないでしょうか?

特定のタバコを吸うことにこだわりをもつ喫煙者に申し訳ないですが、当時タバコを吸っていた頃は、禁煙して我慢できなくなると、メンソールだろうがマイルドだろうが吸えればなんでも良かったし、とりあえずこのイライラや落ち着かない気持ちををどうにかしたいという思いが先で、味なんてどうでも良かった。

今では禁煙してタバコを吸わなくなりましたが、禁煙できたのは、タバコを意識しないように「喫煙衝動」が出てきたら別のことをして、気持ちを切り替えることを何度も繰り返し「吸わないくても大丈夫!」という習慣を身につけたからです。

なかなか禁煙できなくてもがいていた時は、どうしたらタバコをやめれるかと「楽してやめる方法」ばかり探していましたが、結局、「吸いたい」と思う意識を変えなければダメだという事に気付いてから、ようやくタバコを吸う自分と向き合いはじめました。

それからですね、「我慢」しないことを心がけて「吸いたい気持ち」を忘れる為に、気持ちを切り替える習慣を作ることを始めたのは

そのおかげかどうかは分かりませんが、3ヶ月の間ひたすら気持ちの切り替えを続けた結果「吸いたい」と意識しなくなり、今ではタバコをみてもなんとも思わない生活を送ることができている。

これは僕の経験談ですけど、タバコをやめるには「吸いたい」と思う気持ちを失くす努力をすればよいと思います。慣れないうちは辛いし苦しいけれど、必ず禁煙できると信じて失敗しても諦めなければ、絶対にタバコを必要としなくなります。 だから、まずは騙されたと思って失敗を恐れずに行動してみて!

今回紹介した内容は、主婦の友社から出版されている「禁煙できる100のコツ(940円+税)」の中で紹介されているのを元ネタに記事を書いています、他にも禁煙に対するヒントや役に立つ内容が書かれていてMappyもよく読んだ本のひとつでとてもお勧めです。以下に販売サイトを記載しておくので興味がある方は呼んでみてください!
みるみる禁煙できる100のコツ



>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link