Sponsored Link

普段なにげに使っている言葉が、あなたの行動パターンを決定しているって知っていますか? 

例えば仕事でノルマを達成したときに上司から「凄い頑張ったな良い部下をもって幸せだ」といわれるのと「コレぐらいしか出来ないのか(怒)このクズもっと働け」といわれるのとではとらえる印象が違ってくるはずです。

タバコをやめるのも同じで、禁煙中に「吸いたい」という言葉が頭に浮かばない限り、喫煙欲求が出ることはありません!



こんにちは、運営者のMappyです。
このカテゴリではタバコの疑問や
僕のおすすめタバコ本について書いてます!
気に入ったら購入してね!



吸いたい。でも吸わない、今は吸わないって口に出して言ってみること


 僕もそうだけど、ほとんどの人は自分以外の人が話す言葉に影響を受けやる気になったり反対に落ち込んだりするんじゃないかな?

褒められたり、努力を認めてくるれるといった「良い言葉」をかけてもらうと、モチベーションがあがり気持ちが前向きになるから嬉しくなるよね!

しかし反対に、罵倒されたり自分の存在を否定されるような「悪い言葉」をいわれると、モチベーションは下がり、酷く落ち込んでしまったり、イライラして嫌な気持ちになってしまう・・・

このように言葉というのは、とらえかた次第で良く考えたり、悪く考えたりするものです。

これは、禁煙も同じで、「吸いたい」という言葉が頭に浮かんでくると、喫煙者は必死に我慢するけど、結局あきらめてタバコ吸っちゃうのは、「吸いたい」って言葉に執着しすぎているからなんだ。

ということは、タバコをやめるには「吸いたい」って意識しないためにどうすればよいかって考えて、吸いたくなったら本を呼んでみたり、音楽を聴いてみたりといろいろ試してみると自分に合う禁煙法がわかってくる

それと「吸いたい」って感情が出てきたら「吸いたい。でも吸わない、今は吸わない」って口にだすことを忘れないこと!

「吸わない」って言葉を口に出して何度も繰り返しているうちに、「吸わない習慣」が当たり前になってくるから絶対に実行するんだよ!

禁煙を始めたばかりの頃は、コンビニのタバコや同僚の喫煙姿をみると無性に吸いたくなり、フラッシュバックのようにタバコを思い浮かべてしまうはず・・・

そんな時には必ず「吸いたい。でも吸わない、今は吸わない!」と口に出すこと

禁煙するのを難しいと感じるのは、タバコが吸いたくなる衝動を抑えきれないと感じてしまうからですよね?

けれど、「吸いたい」と思うのは、これまでタバコを吸っていた喫煙習慣が体に染み付いているからなんだ

だからこそ、「吸いたい」と思わなくなるように「吸いたい。でも吸わない、今は吸わない!」と繰り返し口に出して喫煙習慣を変えることが必要になってくるの

なかなかタバコをやめれない喫煙者ほど、効果ないとか・出来ないなど、やりもしないで否定するけど、禁煙は出来ると信じて最後まで諦めなかった人だけが成功できます。

この記事をみているあなただって、必ず禁煙できます。 だってタバコやめたいからこの記事を最後まで目をとおしたんだよね。

今回紹介した内容は、主婦の友社から出版されている「禁煙できる100のコツ(940円+税)」の中で紹介されているのを元ネタに記事を書いています、他にも禁煙に対するヒントや役に立つ内容が書かれていてMappyもよく読んだ本のひとつでとてもお勧めです。以下に販売サイトを記載しておくので興味がある方は呼んでみてください!
みるみる禁煙できる100のコツ



>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから
その前向きな気持ちがあれば、絶対に禁煙してタバコの無い生活を手に入れることができます、僕も応援するので諦めずに頑張ってくださいね!

Sponsored Link