Sponsored Link

催眠禁煙療法・禁煙セラピー・禁煙外来など、これまでにもいろんな禁煙方法を試したけれど、どれも上手くいかなくて毎回途中で挫折してしまう喫煙者は多いのではないでしょうか?

どんなに頑張っても「吸いたい気持ち」を我慢できずに、禁煙を諦めてしまっているなら電子タバコを代わりに吸って禁煙中の辛い喫煙欲求を乗り越えてみてはどうですか?



こんにちは、運営者のMappyです。
最近流行りの電子タバコは、どういったものでしょう?
価格は?吸い方は?安全性は大丈夫?

電子タバコを吸う回数を増やせばと自然とタバコを必要としなくなる!


電子タバコって何をすれば良いんだろう? 味はどうなってるの? 安全性は大丈夫? どうやって注文するの?・・・といった疑問について下記にわかりやすく説明します。

◆電子タバコってなんだっけ?


電子タバコとは、電気でリキッドと呼ばれる液体を熱して煙のような水蒸気を発生させ、それをタバコの煙と同じように吸い込むことが出来る嗜好品のこと。

発明したのは中国の薬品メーカーの従業員で、何度も禁煙に失敗している祖母が咳き込む姿を見かねて、タバコの煙の代わりに水蒸気を吸う事が出来ないだろうかと考えたことがキッカケだったみたい。

今ではヨーロッパやアメリカで大流行してるけど、流行の原因は度重なるタバコ価格の値上げが原因だといわれているんだ。実際ヨーロッパやアメリカのタバコの価格は日本の2倍~3倍もするんだよ、1箱1,200円もするタバコなんて高すぎて吸えないよね(泣)

そうそう、今年の9月にはオーストラリアで販売されているタバコ1箱の価格が2,000円に値上げされちゃったから、ショックを受けた喫煙者が電子タバコを吸うようになったとツイッターで話題になってたんだ

昨年末辺りに、ゴシップ誌でブルーノ・マーズやケイティ・ペリーなどの海外セレブがタバコから電子タバコに切り替えた記事が紹介されると、禁煙したいと思っていた喫煙者も次々と電子タバコを吸い始めるようになったといわれてる

ヨーロッパやアメリカの電子タバコ市場は、約4兆円の産業に成長していて2020年までには20兆円規模のビック市場になるという予想まででてるんだ。

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの電子タバコ産業のお陰でタバコ産業の株は2014年だけでも15%以上下落している、そんな中、大手タバコ会社のレイノルズアメリカンは、なにを血迷ったのか禁煙補助薬の市場に参入しているとの記事も紹介されていてタバコ産業の衰退ぶりが際立っています(汗)

ただ・・・僕からいわせると、ガンやCOPDといった深刻な病気になるリスクを知りながらタバコを売り続けたタバコ会社の傲慢な態度が、自分たちを窮地に追い込んだんじゃないかなと思ったりもします(汗)

そして、タバコに含まれる有害成分は400種類以上あるといわれてるけど、電子タバコはニコパッチと同じ10以下の有害成分のみでガンやCOPDの原因となる成分は見つかっていないとFDA(アメリカ食品医薬品局)の検査で証明されている

ということは、わざわざ発ガン物質が多く含まれているタバコを吸ってストレス発散するよりも、電子タバコに切り替えようと思うのは自然な流れじゃないでしょうか?

◆じゃあ、電子タバコを使うには何が必要なの


電子という言葉が先頭にあるように、本体充電器リキッドの3つは最低必要になってくる


僕が初めて電子タバコを使用する人に紹介するのは、安全性や販売元がハッキリとしたメーカーで販売されている『スターターキット』と呼ばれる入門キットをすすめています。

何度か電子タバコを購入した事があるひとなら別ですが、初めて電子タバコを購入する時に安いものを買って煙の吸い込み感が満足できなかったり2、3度使って壊れてしまった時に販売元がしっかりしたメーカーならキチンと取り替えてくれから安心して買うことができるんだ!

あとひとつ、先ほど書いた『リキッド』と呼ばれる液体がとっても重要で、これがないと煙を吸い込むことができないから注意が必要です。

リキッドの種類は、タバコ味の他にフルーツ味・コーヒー味・バニラ味など豊富な種類の味があってそれぞれ独特な味わいを楽しことができる。

それと、参考程度に1日タバコを1箱(20本)吸う方なら電子タバコのリキッド30ml入り(800円~1,000円)で約1ヶ月~1ヶ月半使用する事が可能!

使い方によっては個人差はありますが、430円のタバコを1ヶ月吸い続けると約13,000円もする事を考えると、ひと月にかかる費用は10分の1で済むんだ。

なので、初めて電子タバコを利用するなら『スターターキット』と『リキッド』があれば準備OKなんです

◆自分に合ったリキッドを見つけることが、電子タバコを長く使うコツ


電子タバコを使用する上でなくてはならないのが、リキッドと呼ばれる液体で現在いろんな種類の味わいが販売されてます

リキッドの中にある液体の味を英語では『Flavor:フレーバー』と読んでいて、「リキッドの中のフレーバー」とは、液体の風味ということなんだ!

このフレーバー(風味)はおおまかに分けると4つのカテゴリーにわかれていて

■:マルボロやピースといったタバコ風味


■:オレンジやストロベリーといったフルーツ風味


■:バニラやチョコなどのお菓子風味


■:カクテルやリキュール類のお酒風味


■:レッドブルやコーヒーなどのドリンク風味

などが一般的で他には自分で作るオリジナルブレンド風味が存在する

ヨーロッパやアメリカで電子タバコが支持されているのは、タバコのように吸うことでストレスを解消できつつ、いろんなフレーバー(風味)を味わうことが出来るからなんだ。

どのフレーバー(風味)が自分と相性がいいのかは、試してみるしかありませんが・・・

基本的に、喫煙者、特に1日に20本以上タバコを吸われる方が、電子タバコをはじめた場合はタバコ風味を美味しいと感じることが多い気がします。

ですが、電子タバコの使用量がタバコを吸う回数を上回るようになると、フレーバー(風味)の好みは変化して、タバコ風味以外を好むようになっていく!

また、タバコ風味には、メンソール風味から葉巻風味といろいろありますが、紙やタバコの葉を燃やすタバコと同じような風味を再現することは難しく

多少人工的な味わいとなっているので「こんなのはタバコじゃない・・・偽タバコだ」と感じる人もなかにはいるようです。

◆電子タバコの特徴ってなんだろう?禁煙orタバコの代替品?どっち?


禁煙を始めても辛く苦しい喫煙欲求を我慢できなくて、ついタバコを吸ってしまうことって多くないですか?

職場で上司に毎日怒鳴られたり、部下に見下されたり挙句の果てには家に帰っても居場所がないなんて最悪なパターンはあまりないと思いますが・・・

それでも禁煙中に職場や家庭でストレスを感じたりすると、タバコの事が頭に浮かんで吸いたい衝動にかられてしまうことってありますよね!

そんな時こそ、電子タバコをタバコの代わりに吸ってストレスを発散してはどうでしょう!

タバコと比べると電子タバコは健康面金銭面でもかなりメリットがあることがわかります

●:電子タバコは、タバコに含まれているような有害成分が入っていないため周りの人が受動喫煙の影響を受ける心配をしなくても良い!

●:発がん物質やCOPD(肺の病気)の原因が含まれている量が禁煙補助薬のニコパッチと同じ程度なので肺ガンや肺気腫で苦しむ可能性がタバコに比べると格段に低くなる

●:タバコと違い紙やタバコの葉を燃やさないので、非喫煙者の前で吸っても不快なニオイが残らない。これは余談ですがコーヒー味やバニラ味などのリキッドを吸うと部屋中が甘い香りに包まれるので周りの人がお菓子でも焼いているのかとビックリされることがあります。

●:初めて電子タバコを使用する人が使う費用は10,000円近くかかりますが、慣れてくると色んなフレーバー(風味)を購入してもひと月に使うお金は1,000円から2,000円ぐらいの投資で済むことが多い

1日に一箱吸う人がひと月に使うタバコ代は約13,000円だという事を考えると、月に2,000円の支出で済むのはかなりお得ではないですか? 

余ったお金を妻に内緒で貯金したり、自分の趣味に自由に使うことができるって、小遣いが限られている会社員にはありがたいことです。

メリットばかりに見える電子タバコにも、やはりデメリットは存在します。


▲:海外では、正規品じゃない安価な電子タバコを購入した結果、充電中に電子タバコが爆発して怪我するケースがニュースで紹介されていて電子タバコ業界は証明できるメーカーから正規品を購入することを勧めています。

▲:知らないことを良いことに、膨大な金額で電子タバコの正規品を売りつけるネット業者から購入して泣き寝入りする購入者が増加しているので知識が少ないのにヤフオクで安易に購入するのは危険。

▲:自作したリキッドをニコチン入りリキッドとしてオークションやネットで販売している個人や業者がいますが、ニコチンを含んだリキッドの製造や販売は日本の法律では禁止されているのでダマされないように注意が必要だよ、購入したのが芋づる式に見つかった場合、罪に問われる可能性があるんだ

▲:ニコチン入りリキッドは、国内での製造や販売が出来ないので購入する場合は海外のサイトから個人輸入する方法しかありません!

電子タバコを使用する時は、タバコの代替品として減煙から始めること


初期投資が高めの電子タバコですが、長い目でみるとタバコを吸うときと比べて健康面や金銭面でもかなりお得なことがわかります。

ただし、最初から禁煙するぞと意気込んで電子タバコを使っちゃうと失敗しちゃいますよ(汗)

僕は、辛い禁煙も楽しみながら続けることで絶対にタバコがやめれると思っています、なので電子タバコを使いはじめるのも最初はタバコを減煙するくらいの気持ちで始めると禁煙は上手く行きます。

なので「ちょっとイライラするなぁ 休憩して電子タバコ吸って気分転換するか・・・」というぐらいの気持ちで電子タバコを利用してみてはいかがですか?

初めて電子タバコを利用するならeComスターターキットがおすすめ


電子タバコを使ってみたいと考えている人に、僕がおすすめするのはJoyetech社の『eComスターターキット』!




僕がeComスターターキットを勧める理由は、電子タバコの煙を吸い込むときの煙の量を調節できることとキッド漏れが少ないこと、値段の安い電子タバコの本体はリキッド漏れが多く十分な煙量が実感できなくて損した気分になることがよくありました。

また安い電子タバコと違いバッテリの持ちが長いので、充電する手間が省けるのは随分と助かります。使っている最中に充電切れなんて安い電子タバコにはよくありましたから(汗)

ただ、デメリットとしては一般価格が9,950円と少し高いところですね

ですが僕が紹介するショップでは値段が7,677円(税込)と約20%も安くなっています・・・ さらにリキッドが1本(10ml)ついてくるのと送料が無料

なので、値段さえ気にならなければ是非使ってみて下さい! 絶対に後悔しませんよ、それとリキッドの風味は1日30本以上吸うヘビースモーカーの方ならタバコ風味シガー風味がおすすめです。 反対に20本も吸わないけどって方は自分の好みのリキッドで良いと思います。






>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link