Sponsored Link

酒は百楽の長とは、適量ならどんな良薬よりも効果があるといわれているからです。

少量のお酒なら血液のめぐりや体調が改善してストレス解消に役立ちますが、COPD患者さんの中にはお酒を飲むことによって息苦しくなったりタンをからませる人も見受けられる。

また太り過ぎの人がCOPDを発症すると肝硬変脳卒中動脈硬化のリスクが高まるので、自分でお酒の量が制限できなかったり少しのお酒でも息苦しさを感じたりタンをからませてしまう場合は担当医の診察を受けてお酒を飲まない対策をする必要が出てきます。



こんにちは、運営者のMappyです。
タバコを吸いすぎて、肺にダメージを受け息苦しくなる
お酒も飲み過ぎると体に障害が出てるくのですね!

肥満でメタボリック症候群の患者は脂肪肝が原因で動脈硬化を発病する



参考画像:yamashita-clinic[脂肪肝]

近年、COPDの患者さんにも太り過ぎで脂肪肝を持っている人が多くみられることがわかってきて、COPDとの合併症を予防する取り組みが課題となっている

脂肪肝とは食べ過ぎや飲み過ぎを繰り返した結果、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積された状態のことで肝臓の肥満症といわれる症状です。

見た目は太っていないのに、肝臓に脂肪がビッシリついているなんて隠れ肥満の人は意外と多い、また脂肪肝を持つ人の食事は脂っこい食べ物お酒を好む傾向が大きい!

脂肪肝は年代別に見ると30~70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多くみられ、放っておくと動脈硬化や肝硬変になってしまう場合もあるので注意すること!

肝臓は、再生能力・代償能力が優れているので少しのダメージではびくともしません! そのため異常が起きてもわかりにくく、気付いたら病気の進行が進み手遅れだったというケースが多い臓器です。


参考画像:yokohama-cu.ac.jp[脂肪肝疾患]

COPD患者さんが脂肪肝と診断されても放っておくと、タンが絡むことが増えたり息苦しさを感じる頻度が増え、体に大きな負担がかかるようになる事も考えられる

なので脂肪肝と診断された場合は、お酒をやめて運動をすることが必要になってきます!

脂肪肝の一番の原因である太り過ぎを解消するために、禁酒適度な運動の他に、低カロリー・低脂肪食でバランスの良い食事を摂って食べ過ぎないように食事の量を制限することが必要になる。

禁酒適度な運動食事バランスといった3つの事を行うことで脂肪肝を減らし、体の負担を軽減することは、快適な日常生活を過ごすために大切なことなんですね!

ちなみに、脂肪肝が原因で起こる肝炎には、アルコール性脂肪肝炎と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の2つがあって、

アルコール性脂肪肝炎は禁酒することで肝臓の腫れは引いていきますが、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の場合は無理なダイエットを避け食生活のバランスを整える必要が出てきます

脂肪肝だと診察された人の中には、「俺の肝臓はフォファグラなんだって、食べると美味いかな」と冗談混じりで話す方がいますが、

脂肪肝を放っておいて動脈硬化・肝硬変・肝臓がんなどの深刻な病気を発病した患者さんの中には、顔を苦痛に歪めながら亡くなられている人もいることを知っておいて下さい!

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link