Sponsored Link

薬による治療や呼吸リハビリテーションを行ってもCOPDの症状が改善せずに、呼吸困難を起こすようになってくると、外部から人工的に酸素を吸入する酸素療法を行う必要がでてきます。

当初この酸素療法は一部の入院患者のみが受ける事ができる治療法でしたが、1985年に健康保険の適用に認定されたことで自宅で酸素吸入が出来る在宅酸素療法(HOT)が広く普及するようになりました。



こんにちは、運営者のMappyです。
酸素を吸うって想像しにくいと思いますが、長距離を走るマラソンなどの激しいスポーツでは
酸素スプレーを使って呼吸を整えることがあります。



息苦しさを解決する酸素療法は、COPD患者のライフスタイルを変えた



参考画像:happy21[肺の生活習慣病]

COPDの症状が進行すると、薬を使った治療をしても自分の力で呼吸することが困難になってくるようになるので、人工的な酸素吸入が必要になってきます。

在宅酸素療法(HOT)を行うことで、呼吸困難が改善され日常生活をある程度自由に過ごすことができるようになるため、携帯できる酸素ボンベを引いて鼻から酸素吸入をしながら買い物をする患者さんや旅行を楽しむ患者さんが増えている

その一方で、健康保険が適用されるCOPD患者さんには条件があり、通常の呼吸で動脈血酸素分圧(PaO2)が55mmHg以下であるか、動脈血酸素分圧が60mmHg以下で、日常生活で体を動かすことや眠っている時に息苦しさを感じる低酸素血症を起こした患者さんが対象になります。

在宅酸素療法では、患者さんの呼吸困難を改善し生活の質を向上させ、死亡率を下げることが証明されている他、肺高血圧症や肺性心疾患の予防や進行を抑える効果も期待できる。

この方法を自宅で行う場合、酸素濃縮装置という機械から長いチューブを鼻に通し酸素を吸い込むだけでよく取り外しも簡単にできるので患者さんには好評と聞きます!

COPDの症状によっては一定時間に吸入できる酸素量の限界があったり、容量が増えることで酸素ボンベがの重さも変わってるくので、健康な時のように自由な外出は制限されますが、息苦しさを感じ寝たきりでいるよりは不自由さを感じることはすくない!

また最近では在宅酸素療法を利用する患者さんが外出する時に使う酸素吸入器も、目立ちにくい無色のチューブを使ったコンパクトな酸素吸入器が開発され患者さんから人気を得ています。


参考画像:4health.jp[病気の知識]

酸素吸入がいまほど普及しなかった頃は、呼吸困難でそのまま死亡するケースが多かったといわれるCOPDですが、自宅でも治療することが出来るようになったことで、「生活での行動範囲が広がった」という患者さんが増えている

その一方で、在宅酸素療法を利用しないといけないほど症状が悪化しているということはそれだけ肺を傷め続けてきたことです、COPDは肺の生活習慣病と呼ばれていて、日常生活を見直して禁煙したりお酒を控えたりすることで予防することが分っています。

「どうせ自分は大丈夫、COPDにはならないさっ」と思っている喫煙者ほど、この病気になって呼吸困難を繰り返すようになったときに「タバコなんて吸わなければ良かった」と口にするもの・・・

ですが、タバコを吸ってしまった過去を後悔しても後戻りは出来ません!大切なのは過ぎた過去よりも現在と未来のはず・・・禁煙を始めてタバコを必要としない生活を送ることは健康な体を取り戻すことに繋がります。

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link