Sponsored Link

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な原因はタバコの煙であることがわかっています。

なので1日に20本以上のタバコを吸っていたり喫煙歴が20年以上と長い場合は、吸いかたにもよりますが気管支や肺に慢性的な炎症が起きている可能性があります!



こんにちは、運営者のMappyです。
COPDが重症化すると
息苦しさで眠れないといいます




タバコの煙にはパッケージに表記されているニコチンやタールなどの他に一酸化炭素・アンモニアといった体に有害な成分が含まれていて、その数は200種類以上ともいわれている!



参考資料(1):厚生労働省[主流煙と副流煙] 
参考資料(2):厚生労働省[平成11-12年度たばこ煙の成分分析] 

タバコの煙が体内に侵入すると、時間をかけて血管と呼吸器を破壊する!


少し怖い話になりますが、昔から人を殺すときは心臓を刺せば楽に死なせることができるいいます、これは血液の流れを止めてしまうから早い時間に思考(考える能力)が停止してしまうからです!

一方で肺だけを刺すとどうなるでしょうか?・・・ この場合刺された人は息ができずに苦しみながら死んでいきます。

話しを戻して、タバコの煙が体内に入ると含まれているニコチンに刺激された血液内の好中球(白血球の一種)が肺に集まりタンパク質分解酵素や活性酸素が増えてしまうので、気管支や肺にある肺胞を破壊してしまう!

また気道の内側には線毛と呼ばれる細かい毛によって、気道内に侵入してきた食べ物のカスなどの異物を押し戻す役割をしているのですが

長期間タバコの煙にさらされることによって気管支の細胞が破壊されると、線毛の機能が衰えてしまい日常的にセキやタンをするようになってきます。

上記のような症状は喫煙年数と比例して悪くなるので、呼吸時に重要な役割を担う肺の機能までも破壊するようになり、酸素と二酸化炭素のガス交換をする肺胞や近くの気管支がどんどん死滅していきます。

20年以上タバコを吸い続けている喫煙者で坂道を昇り降りするときに息苦しくなったり、日常生活で立ったり座ったりするとき立ちくらみが起こるようであればこの病気を疑ったほうがよいでしょう!


参考資料:copd-gooddays[せき・たん・息切れが続く?]

慢性気管支炎と肺気腫を合体した病気がCOPDだといわれている!


COPDとは、慢性気管支炎と肺気腫の2つの病気の総称で主にタバコが原因で起こる病気の事を指しています。

ぜん息と似ている慢性気管支炎は、一番寒い冬の3ヶ月間だけほとんど毎日のように辛いセキやタンに悩まされる事が2年間続く病気で、気管支拡張症や肺結核以外の気管支に起こる症状のこと!


参考資料:e-carada.jp[病気の症状]

肺気腫は、肺の末端でガス交換を担う肺胞が外部から侵入したタバコの煙やアスベストなどに破壊され呼吸がしづらくなる病気で、肺胞が破壊される量が増えると呼吸時のガス交換がスムーズにおこなわれず呼吸困難になります。

一度破壊された肺胞は2度と元に戻らず残された肺胞で呼吸をするしかないので、重度の肺気腫患者は息苦しい生活を強いられることになる!


参考資料:e-carada.jp[病気の症状]

COPDは、英語のChronic(慢性)Obstructibve(閉塞性)Pulmonary(肺)Disease(病気)の頭の文字をとった名前で、日本語では慢性閉塞性肺疾患と呼ばれています。

この病気は、外部からの刺激により空気の通り道である気道に障害が起こり、意識しないと呼吸が出来なくなる症状が毎日続きます。

健康な人は息を吸い込んだり吐き出したりする事を無意識で行っていますが、COPDの症状が悪化した患者は自分で意識しないと息が出来ません!

現在、この病気には主に3つの特徴がみられることがわかっています

1つ目:ゆっくりと進行する呼吸器の病気で、症状が進行すると治療しても改善しないことがわかっている

2つ目:肺の末端にある気管支や肺胞が炎症を起こして狭くなり、息を吸うことは出来ても吐き出すのが困難になってきます。

3つ目:外部からの影響を受けて症状が悪化することがわかっており、なかでもタバコの煙に含まれる有害な粒子やガスを何十年も吸い続ける喫煙者が発病することが多い

喫煙者はタバコが体に悪いことは頭で理解しています、その一方で1本のタバコを吸ったぐらいでは死なないことも経験により確認済みなので、なかなか禁煙しようとしません!

しかし1本では死ななくても吸い続ける事で、何千何万本ものタバコに含まれる有害成分が喫煙者の体をジワリジワリと侵食していき、確実に命を脅かす存在へとなっていくのは事実です。

COPDが恐ろしい病気といわれているのは、気がついた時には手遅れになっていて呼吸が苦しい状態で生活しなければいけなくなること・・・

なのでこの病気に限っては「今はまだ大丈夫!」ではなく「今すぐタバコをやめないと手遅れになるといった危機感を持つことが大切です。

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link