Sponsored Link

スポーツや仕事で汗をかいた後に飲むコーラーやサイダーなどの炭酸飲料水は、気分爽快になるほど美味しく感じられるものですね!

しかし新しい研究で炭酸飲料水を飲み続けるのは、タバコがやめれないのと同じくらい危険な事がわかってきています。




こんにちは、運営者のMappyです。
このカテゴリではタバコの疑問や
僕のおすすめタバコ本について書いてます!
気に入ったら購入してね!



1ヶ月に1回以上炭酸飲料水を飲む人は依存している可能性があります。


 カフェイン、砂糖、人工甘味料などを含む清涼飲料水が体に及ぼす影響は以前から指摘されていましたが、今回あらたに炭酸飲料水を飲み続けると依存症になりやすいことが判明!

ボストン医療センターのキャロライン医師によると「炭酸飲料水に含まれる砂糖はドーパミンやオピオイド等の感情抑制する脳内物質の放出を脳に変わって行うようになるので、

糖分の高い炭酸飲料水などを摂り過ぎると、自分でコントロール出来なくなり禁断症状がでて食べ過ぎたりや渇望(欲しくてたまらない気持ち)・交差感作(食べ過ぎの原因)などの症状が体にあらわれ砂糖依存症を発病して太りやすくなる。」と指摘している。

またファーストフード店などで食べ物と一緒にコーラーなどの炭酸飲料水を食べたり飲んだりするのは、砂糖依存症を強めてしまい一度に食べる量が増えてしまうといった悪循環に陥りやすいので注意が必要と警告しています!

最近のウォールストリート・ジャーナルの記事で、砂糖やカフェインを含む炭酸飲料水はタバコと同じ道を歩んでいると述べていて

砂糖依存症の症状は、タバコを吸えないときの喫煙者の心理状況と非常に良く似ていて体に良い状態ではないと指摘する記事を掲載している。

わたし達の体は、環境に対応する適応能力が他の動物と比べると非常に発達していて一度覚えるとその行為を繰り返し行おうとする性質があります。

タバコがやめれなかったり炭酸飲料水を飲み過ぎたりなど、体に悪いとわかっていてもなかなかやめれないのは脳が習慣化してしまうからなんですね!

一度覚えた習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、新しい習慣を身につけるために反復して体に覚え込ませ悪い習慣を変えることは誰にでも出来る。

なので、タバコをやめたい方は約1ヶ月のあいだ喫煙欲求を失くすために、吸いたくなったら別の事を意識して単純な動作を繰り返して続けるだけで誰にでも禁煙中の辛い喫煙欲求を乗り切る力を身につけれます。

試しに、騙されたと思って挑戦してみてはどうですか?

今回紹介した内容は、主婦の友社から出版されている「禁煙できる100のコツ(940円+税)」の中で紹介されているのを元ネタに記事を書いています、他にも禁煙に対するヒントや役に立つ内容が書かれていてMappyもよく読んだ本のひとつでとてもお勧めです。以下に販売サイトを記載しておくので興味がある方は呼んでみてください!
みるみる禁煙できる100のコツ



>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link