Sponsored Link

「何度禁煙してもタバコを吸わずにはいられない・・・」などと、喫煙欲求を抑えられずに禁煙を断念する喫煙者は多いと思います。

多くの喫煙者は禁煙中の辛い喫煙欲求を気合と我慢といった根性だけで乗り越えようして失敗するのではないでしょうか?

中には何度か禁煙に挑戦しているうちに、根性だけでは乗り越えることは出来ないことを悟り、タバコをやめるのを諦めてしまう喫煙者もいるはず・・・

ですが禁煙中の辛い喫煙欲求を乗り越えるのに根性などといった精神論は必要ありません!

この記事では喫煙者がどうしてタバコを吸いたくなるのかという事について7つの行動パターンに分けて細かく書いてます!

その行動パターンに目を通しながら、自分がどういった時にタバコを吸っているのかを理解して下さい。

そうすることで禁煙中に襲ってくる喫煙欲求に対する対応策をしっかりと作ることができ、辛い喫煙欲求を乗り越える力を身につけることが可能になります。



こんにちは、運営者のMappyです。
禁煙する前に自分の喫煙行動を把握することは
とっても大切です。



【重要】自分の喫煙パターンを知ることで禁煙中の喫煙欲求を乗り切るヒントを掴みとれ!!

突然ですが次の質問の答えを考えてみてください!

「何故タバコを吸うのでしょう・・タバコに含まれるニコチンが欲しいからですか?」

ほとんどの喫煙者は「吸いたいから」との答えが返ってきます!

しかしこれでは漠然とした答えにしかなりません!

それに喫煙者が本当に「吸いたいから」という理由だけでタバコを吸っているのなら、禁煙なんて簡単に出来るはずです違いますか?

だって「吸いたくない」と思ってタバコを吸わなければ済む話でしょう・・・

禁煙が長続きしないのは「何故タバコを吸うのか」という事について考えないまま禁煙を始めてしまうので、喫煙欲求が起きた時に対応が出来ず我慢で乗り越えようとするからです。

そうではなく、いつ何のためにタバコを吸うのかといった喫煙の目的をしっかりと把握してすることが、長く禁煙を続ける為にとっても重要!

これから紹介する7つの行動パターンからタバコをやめるためのヒントを得ることができる。

社交的喫煙パターン:周りの目を気にする


1:タバコを吸っていると、他人と話しが弾み仲良くなりやすい

2:タバコを吸っている自分が格好良く見える!

3:タバコが縁で友達が増える

4:タバコを吸うことは異性に魅力的だと思われている

5:タバコを吸うことで、周りから大人の一員だと思われているように感じる

6:タバコ仲間がいるとつられてタバコを吸ってしまう

楽観的喫煙パターン:感傷に入りやすい


1:手にタバコがないとソワソワする

2:タバコを吸いたいのではなくタバコに火をつけるのが楽しい

3:吸い込んだ煙を吐き出す瞬間がなんともいえない

4:タバコに火をつけた時に出る、煙のニオイがたまらなく好き

5:タバコの煙を口の中で味わった時の感触がたまらない

6:購入したタバコを手のひらでトントンと軽く叩いてから封を開ける瞬間が良い

注視的喫煙パターン:集中力を持続させたい


1:目の回るのような忙しさの中で仕事をしている時ほどタバコが吸いたくなる

2:仕事の疲れを癒やすのに必要なのはタバコが吸うこと

3:タバコを吸えば、気持ちを切り替える事が出来て頑張れる

4:タバコを吸うと自信に満ち溢れてウキウキする

5:忙しくて休む暇も無いはずなのに何故か無性にタバコが吸いたくなる

6:実際タバコを吸うことで考えがまとまりアイデアが湧き出て仕事に集中できる

リラックス的喫煙パターン


1:気分が落ち着いているときやゆったりとしている時にタバコが吸いたくなる

2:仕事で一息ついたときや休日などに、じっくりと味わいながらタバコが吸えるのは至福の瞬間だ

3:食事の後に吸うタバコはなんともいえない美味しさがある

4:タバコを吸うのはコーヒーとかお酒を飲む場合に限る、それ以外はあまり吸わない

5:気分がリラックスしているときにタバコを吸うのは、癒しの効果があるといわれるから

中毒性喫煙パターン:タバコなしでは・・・


1:寝起きに一服する時間だけは誰にも邪魔されたくない!

2:タバコを美味しと思って吸ったことはないと思う・・

3:可怪しいかもしれないが、タバコを吸わない時間が長いとイライラしてくる

4:手元にタバコが無いことに気がつくともう大変!お店に足を運んでタバコを買うまで不安で仕方がない

5:常にタバコが無くならないように気を使っているので、買い置きを忘れたことはありません!

6:いつもタバコを口にしていないとおかしくなりそうで怖い、また吸えない時間が続くと吸いたくて吸いたくてどうしても我慢できない

無自覚的喫煙パターン:いつの間にか吸っていた・・


1:どうしてか判らないけど電話での接客中に限ってタバコに火をつけて吸ってしまう

2:いつも不思議に思うけれど、気がつけばいつもタバコに火をつけて吸っている自分がいる

3:よく家族から灰皿に火のついてるタバコがあるのに新しいタバコを吸い始めないでと注意される

4:お酒を飲むときは何故かタバコの本数が増えてしまったり、違う銘柄を吸っている事が多い

拒絶性喫煙パターン:ストレス回避のため・・・


1:上手くいかない時や面白くない時についタバコを吸ってしまう

2:大事な会議の前や心配事がある時など不安な気持ちが出てくるとタバコに火をつけてしまう

3:ムカついたりイラってしたときにタバコを吸うと落ち着く

4:目の前で起こっている出来事に対するストレスを沈めるためにタバコを吸うことがよくある

参考資料:宮城音弥著[タバコ・愛煙・嫌煙]

あなたも自身がタバコを吸う理由を逆手に取って禁煙を乗り切ろうよ


これまで見てきた7つの喫煙行動の中でひとつぐらいは似たような喫煙パターンがあったはずです、冒頭でした質問は覚えていますか?

何故タバコを吸うのでしょう・・タバコに含まれるニコチンが欲しいからですか?」という質問でしたね!

禁煙中の辛い喫煙欲求を乗り越えるためにはタバコを吸う理由を自覚して、吸いたくなった時に何をするか事前に対策をすることです。

これは何も難しいことではなく、

A:>>喫煙欲求を回避する行動パターンをメモ帳などの書いておいて

B:>>目に見える場所や財布の中に入れておき吸いたくなった時に見て行動し

C:>>喫煙欲求を乗り越える事を慣れるまで何度も繰り返すだけ・・・

「え~面倒くさいよそんなの」と思わずに続けてみてください、ひと月も実践すれば喫煙欲求を乗り越える習慣を体が覚えてしまいそのうち無意識でも行動できるようになります。

タバコをやめようと禁煙に挑戦しても6割は挫折します、その一方で残りの4割は確実に禁煙を続けることができタバコをやめていることに注目してみて下さい

4割の元喫煙者がタバコをやめれたのは特殊な禁煙方法や強靭な精神力の持ち主ではありません!

あなたと同じように何度も禁煙に挫折しながらも諦めないで禁煙を続けただけ、そして禁煙方法もこの記事で紹介した喫煙欲求を回避する行動パターンをコツコツと実践して喫煙習慣を変えれたからタバコをやめれたのです!

シンプル・イズ・ベストという言葉と同じように禁煙もどうしたら吸いたい気持ちを乗り越えることが出来るのか、試行錯誤しながらコツコツと喫煙習慣を変えていく以外にタバコをやめる方法はない!

タバコをやめれた4割の元喫煙者は何度も禁煙に失敗しながらコツコツと喫煙習慣を変えていく事の大切さを、身にしみて実感した人ばかりだと思います!

昔話しのうさぎとカメの話しでノロまのカメが勝つのには、それなりに理由があったからだとは思いませんか?

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link