Sponsored Link

近ごろは無抵抗の動物に対する虐待が増えているようですね!

今年7月に会社へ通勤途中の荒川隆さん(全盲)に同行していた盲導犬がお尻をフォークのようなもので刺されたことがニュースで流れているのを見て、とても残念な気持ちになった方も多いのではないでしょうか?




こんにちは、運営者のMappyです。
もしかすると無抵抗な動物を虐待するのは
過去に自分が受けた傷が原因なのかもしれない。
だからといって、虐待は許せません!



海外では猫がタバコの火を押し付けられ火傷を負って保護されている




画像参照:carmarthenjournal.co.uk[虐待により火傷を負った猫] 

動物虐待は日本だけの問題ではないようだ!8月には魚にタバコを吸わせる動画がネットで配信されるなど、立場が弱い動物に対して残酷な仕打ちをしてしまう人間は何処にでもいる。

イギリスでは猫の後頭部にタバコの火を押し付けられるという悲しい事件が起きています!

リニーバダーに住んでいるニューマン夫人によると(その猫を)見つけた時は、すでに後頭部にタバコの火を押し付けられた後だったので急いで獣医に診てもらい応急処置をしてらいました。

猫を見つけた時は、後頭部の火傷は無残にも赤く腫れ上がり言葉もでませんでしたが、処置をした現在では腫れも引いて順調に回復してきている安心する一方、リニーバダ―では虐待をされた動物を過去に見たことがなかったのでショックだったと話している

ニューマン夫人が猫を見つけたときには、すでにタバコの火が押し付けられた後だったので近くに犯人らしき人物を見かけることが出来なかったようです。

現在イギリスでは動物虐待が深刻な社会問題となっていて専門の電話相談室(RSPCAの24時間対応)を用意して対応していますが、虐待行為は年々増え続けており2013年は100万件以上の虐待相談を受けている。

今回のように、無抵抗な動物を虐待するニュースを見るたびに悲しい気持ちでいっぱいになりってしまいます(泣)

虐待する側の人間がどのような問題を抱えているかは分かりませんが、立場の弱い動物をターゲットにするのは間違っていると思う。

出来ごころや憂さ晴らしの為に行うのであれば、自分がされたときのことを考え一歩手前で踏みとどまる事を願うばかりです。

世界では猫の虐待は頻発しています(泣)

:猫を振り回して頭部を強打させ重症を負わせた男

画像参照:dailymail.co.uk[猫を虐待する男]

2011年11月、男が歩道で猫を振り回している動画がYoutubeにアップされたことで事件が発覚し、20歳の男が警察に自首してきた。

彼は無抵抗な猫を振り回して手すりや地面に叩きつけ重症を負わせたとして動物虐待の罪で逮捕され実刑を受けています。

:猫に火をつけ燃やしている所を撮影した写真


画像参照:animal-rights-action.com[動物虐待]

出処は分っていませんが、2012年に猫に火をつけて燃やしているのを撮影したものがネット上にアップされ当時話題になりました。

:アメリカでは17歳の少年2人が猫にオイルをかけて放火して逮捕されてます!


画像参照:hubblespacepaws[焼かれた猫]

2009年アメリカで2人の少年がライター用オイルを木箱と猫に浴びせ火をつけて燃やすという痛ましい事件が起きています。

少年たちが猫に火をつけた直後、鳴き声に気付いた飼い主が燃えている猫の火を消して警察に通報したことで事件が発覚し少年たちは動物虐待の罪で逮捕されている。

奇跡的に命は助かった猫ですが長期的な治療が必要になり、当時は治療費の寄付を募るサイトが多数でていました。

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link