Sponsored Link

近い将来お隣の韓国は世界一タバコを吸うのが困難な国になるかもしれません!

韓国政府は2010年に公共の場を禁煙区域に指定して受動喫煙の被害の拡大を防ぐ取り組みを開始し、2013年にはタクシー内や公共の建物内も禁煙区域の対象として区域を拡大していて今後も受動喫煙や禁煙の政策を強化する動きをみせている!

日本国内では2007年に大分県でタクシーの全車禁煙が実施されたのをはじめに現在では全都道府県で全車禁煙の取り組みが行われていて、神奈川県では全国初の受動喫煙防止条例の制定に伴いタクシー内での喫煙に罰則をもうけています!

しかし現在のところ日本ではタクシーやバスなどの公共乗り物(鉄道は禁煙指定区域での喫煙には罰則あり)で、喫煙を取り締まる法律はないので民間や地方行政の独自の取り組みがほとんどです。

近年の韓国政府による厳しい禁煙政策からすれば、日本はタバコを吸う人にとってまだまだ住みやすい国なのかもしれませんね!



こんにちは、運営者のMappyです。
お隣の韓国は喫煙者が住みにくい
国づくりに熱心のようですね(汗)



国を上げて受動喫煙防止に取り組む韓国では喫煙はタブーになってしまうのか?



韓国ではタバコを吸う行為の解釈が曖昧だったこれまでの取り組み姿勢を見直し、禁煙区域に指定された地域や乗り物で火のついたタバコを手に持っているだけでも喫煙行為とみなされると受動喫煙防止条例の適用範囲を明確にした。

また条例に違反した時の罰金は5万ウォン(約5千円)と韓国で販売されているタバコの価格(2,500ウォン:日本円で約250円)の20倍の金額を支払わなければならない!


今年に入り受動喫煙防止条例の罰則はより強化されタクシーやバスの中での喫煙することが一切出来なくなっています!

車内での喫煙を防止することを目的に条例が改定されたので運転手はお客さんの乗車の有無に関係なくタバコを吸うと罰金10万ウォン(日本円で約1万円)を支払うことになってしまったようだ!

タクシー内の喫煙を防止した理由について韓国の国土交通省は「タクシー内でのタバコ臭が我慢できないといった市民の声が多く届いていたのと、運転乗務者の喫煙によって乗客が受動喫煙の被害にあう可能性を未然にふせぐため」と説明している!

国土交通省の説明は、非喫煙者からすれば当然かもしれないが・・もうすこし喫煙者側の言い分も取り入れることは出来なかったのかと考えてしまった。

僕の住んでいる街でも「車内での喫煙はお断り」というステッカーを貼っているタクシーをよく見かけますが、タクシー運転手さんはタバコをふかしながら運転しています!

どちらが良いとは一概に言えませんが韓国のタクシー運転手は間違いなく喫煙の自由を奪われているのではないだろうか・・・


また数年前までは、韓国のレストランや飲み屋などでの喫煙は可能でしたが、今年に入り喫煙の罰則が強化されたのをキッカケに全面禁煙を促す広がりをみせています!

このままいけば2015年内には全てのレストランや飲み屋での喫煙が禁止される可能性がでてくることでしょう!

強化された罰則によって、今後韓国の喫煙者は値段の安いタバコを満足に吸うことが出来なくなるかもしれません!

韓国政府は早ければ年内にも同居者や隣の人が受動喫煙によって生じる損害を未然にふせぐために、全てのアパート内外での喫煙を禁止する予定です。

そうなると韓国でタバコを吸うためには近くの喫煙ステーションかコーヒーショップを利用するしかなく喫煙者にとって世界一住みにくい国になってしまうだろう、海外からの労働者を雇用している韓国にとってタバコを吸う喫煙者は要らないということなのか?

韓国政府が禁煙法令を強化するなか一部の韓国メディアは、「旅行客にまで禁煙を強要するのは観光にたいするイメージを悪くしてしまうだろう」と否定的な意見を述べている!

日本でも禁煙を促進する動きはありますが現在の韓国に比べるとまだまだ喫煙の自由は保証されています!

その一方で喫煙者の数は20%代を下回ったという調査結果がでていて国が政策によって厳しく取り締まるよりも、喫煙者が自らタバコをやめようと考える社会を造ることのほうが喫煙率を下げるには効果があるのではと思ってしまった。

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link