Sponsored Link

2014年4月にタバコの吸い殻をプラスチックや肥料にして再利用するアメリカのリサイクル会社が、日本に現地法人を立ち上げて話題になったのは記憶に新しいですね!

「タバコの吸い殻って再利用できるの?ポイ捨てしてる場合じゃないな」と思いましたが、今度はタバコの吸い殻のフィルター部分が電池の蓄電性能を飛躍的に向上させるという論文がアメリカで話題になっているようだ!

しかも研究の立案者が韓国人であることは、アジア人にとって喜ぶべきことだと思う!

研究によると、タバコの吸い殻のフィルター部分は大量の電力エネルギーを効率よく蓄電することができることが分っていて、技術が向上すれば将来パソコンやポータブルデバイス(スマホや携帯電話など)、電気自動車や風力発電に使われる蓄電池の性能が飛躍的に向上するだろうと述べています。

人間が創りだすものは人間の手によって加工され新しく生まれ変わることが出来るのですね!



こんにちは、運営者のMappyです。
ゴミも見方を変えれば
じゅうぶん資源として利用できるのですね!



ゴミなのに可能性は無限大!



資料参照:financialexpress.com

研究によるとタバコの吸い殻は、市販されているカーボン・グラフェン・カーボンナノチューブといった材料よりも蓄電性能が高いと絶賛しています。

この研究が実現化すれば、タバコの吸い殻が路上にポイ捨てされている環境問題の解決をしながらスマホなどのバッテリー不足が解消されてるなんてまさに良いことづくめですね!

現在、世界中で5兆6000億本ものタバコが吸われ、そのうち76万6571トンものタバコが路上などにポイ捨てされていると云われています!

ほとんどの国では、不法投棄などの厳しい罰則を作りタバコのポイ捨てを規制してもなかなか減らない吸い殻の多さに頭を悩ませていましたが・・・

この画期的な電力蓄電方法の確立によってタバコの吸い殻をとりまく状況は大きく変化するでしょう!

何故ならアルミ缶やスチール缶のようにタバコの吸い殻に価値が付くようになるからです。

喫煙者がタバコの吸い殻に値段がつくと分かれば、ポイ捨てなんかせずに吸い殻を集めて売りに行くようになるかもしれませんね!

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link