Sponsored Link

1970年頃までは日本人が病気で死亡する原因のトップだった脳卒中も医学の向上によって現在では3位まで後退しています。

そうはいっても、脳卒中が恐ろしい病気なのにはかわりなく血管が詰まって起こる脳梗塞発症後1年で約8%、4年で約25%、10年で約50%と年を重ねるごとに再発の可能性が高くなっていき、血管が破裂して起こる脳出血では発症した年に約25%の再発が確認されたというデータもあるぐらいです。

脳卒中は血管が詰まったり破裂することで起こります、つまり年を取りもろくなった血管に血の塊(かたまり)が詰まったり血圧の上昇でプチッと切れてしまったりする事が原因です。

ですが・・年齢以外にも脳卒中を引き起こす誘引があり1高血圧・2糖尿病・3脂質異常・4日常的にタバコを吸う習慣・5心臓病などの病気や習慣がある方は、健康な人に比べて倍近く脳卒中を発症するリスクが高まります!

脳卒中を発症するリスクを避ける事は出来なくても、発症の原因を知り最悪の事態を避けるために予防することはよりよい老後をすごすためにも大切なこと!



こんにちは、運営者のMappyです。
元巨人の監督だった長嶋茂雄さんも
脳卒中を発症していたのですね・・・



運動不足や食生活を見なおして血圧をコントロールしよう


コンビニの弁当や食堂など外食中心の食生活・過度の飲酒・慢性的な運動不足は血圧が上昇する直接の原因となっています!

食生活を見直し塩分やカロリーの低い食べ物を取ったり適度な運動を行うことで血圧の上昇を防ぎ正常な値をコントロール出来るようなるので面倒がらずに時間を作って改善する必要があります。

食生活や運動不足の改善は次の事を少しづつ生活の中に取り入れて習慣化していくのが長く続けるコツです。

1:塩分制限をして摂り過ぎに注意する
2:揚げ物などの油分が多い食事を見なおして野菜中心の食生活に変える(忙しくて作る時間がない方は、外食では丼ものより生野菜がついてくる定食を取るようにする)
3:大好きなアルコールは毎日飲むのではなく曜日を決めて飲む量を徐々に減らしていくこと
4:適度なウォーキングやサイクリングなど有酸素運動を1日15分から30分(週に3~4日程度)ほど行う
5:薬による血圧コントロールは医師と相談して行うこと


暴飲暴食をやめて心臓病を予防しよう!


医療の進歩で先天的遺伝による心臓病は早期に発見して治療することが出来るようになった一方で不規則な生活習慣が原因で引き起こす虚血性心疾患は依然として増加の一途をたどっています!

心臓病を予防するときに大切なのはコレステロール値を意識した食事を摂る必要がある!

コレステロールは動物性脂肪(肉の脂身・バター・生クリーム)など常温で固まるような脂肪には飽和脂肪酸を多く含んでいるので血液中のコレステロールを増やしてしまう事に・・・

なのでコレステロールを減らす働きのある不飽和脂肪酸が含まれている植物性の油(オリーブ油・コーン油・エゴマ油)を摂るようにする事が必要ですが摂り過ぎには注意すること!

また新鮮なイワシやサバなど青背魚にはコレステロール値を下げたり血栓を予防する効果のあるEPAやDHAを多く含んでいて心臓病予防にはもってこいです。

肥満は糖尿病予備群? 適度な運動をこころがけて・・


糖尿病を引き起こす患者さんの多くは太っている事が多く体重が重い人ほど糖尿病を発症しやすいといわれています!

糖尿病はストレス・肥満・運動不足・暴飲暴食などの生活習慣のみだれが原因となっていて予防策としては不規則な日常生活をしないことが大切!

適度な運動や食生活の改善(朝・昼・晩と時間を決めてしっかりと食べること!)をして間食や夜間の食事を抑えることです。

食べ物の種類は「モノもゆでもの・蒸し物」を多くとり「揚げ物など油を使った料理」を少なめにしたり、野菜や魚を食べる習慣をつけ鳥・豚・牛などの肉類は月に数回と食べる量を徐々に減らしていくこと!

ストレスを溜め込まないようすること


イライラしたり不安な気持ちを抱え込んでいることは体にも良くありません!実際ストレスが原因で高血圧や心臓病・糖尿病などに間接的に影響を与えてしまいます!

ストレスの原因は”考えすぎるクセ”であることが多い!

時間が経てばどうでも良いことだと思えるのに、相手の意見が自分と違うと思ったとたんイライラしてムカついたり反対に打ちのめされて不安な気持ちになってしまう!

ですが怒った感情も不安な気持ちも時間が経てば解決しなくても”忘れてしまう”もの・・・

じゃあストレスを溜め込まないようするにはどうすれば良いのかといえば、結局”考えすぎるクセ”を少しづつ変えていくしかありません!

”考えすぎるクセ”を変えるには以前書いた記事が参考になると思うので時間がある時に読んでみてください!

結局タバコはやめたほうが良いのだ・・・


血圧上昇・心臓病・糖尿病・ストレスと喫煙は深く繋がっていて、これらの病気を引き起こす原因の根本的な原因がタバコに含まれる化学成分であることは紛れもない事実です。

タバコを吸って脳卒中になる」といっても言い過ぎではないほど長期の喫煙習慣は体にとってマイナスにしか働きません!

タバコに含まれるニコチンの依存症のせいでなかなかタバコをやめることが出来ないのは否定できませんが、代替品を使用してタバコの有害な化学成分を吸わないようにすることも脳卒中を予防する方法だと思います!

現在ではニコパッチやニコチンガムなどの他に電子タバコがタバコの代替品として利用されています。

海外・・特にアメリカでは電子タバコを使用してタバコを吸わなくなった元喫煙者が増加傾向にあるといったニュースまであり、最近では医師が電子タバコの有効性を説明する記事まで出てきています!

代替品で脳卒中や生活習慣病の原因となるタバコを吸う習慣がなくなるのなら試す価値があると思いませんか?

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link