Sponsored Link

今から10年前に施工された健康増進法により公共施設やレストランなどで第三者の受動喫煙を防ぐ目的で分煙が進んだ結果、

最近では全面禁煙や就業中の喫煙を禁止する動きが活発になってきていて

企業でも社員に報奨金を与えて禁煙を勧めたり、新規雇用の条件としてタバコを吸わない事を掲げるところ増えてきました。



こんにちは、運営者のMappyです。
タバコが好きな喫煙者には
ずいぶんと住みにくい世の中になりましたね(汗)



「タバコは百害あって一利なし」という言葉が現実味を帯びてきた(汗)


「タバコは健康に悪いから吸わないほうがよい」といわれていた時代が懐かしく思われます!

近年タバコを吸う人への風当たりは強まるばかり・・・

喫煙はタバコを吸わない人にも影響があるからと公共施設やレストラン等で喫煙を禁止したり、企業イメージの低下や業務効率が悪化するなどの理由で喫煙者の採用を見送る企業が出てきたりと

喫煙者自身の健康問題以外よりもタバコを吸う行為自体を避難する動きが活発になってきている。

なので近頃の喫煙者は自由にタバコを吸うことも出来なくなり仕事をしたくてもタバコを吸っているうちは採用もされないなど、もはや喫煙には何のメリットもないような気にさえなってしまう!

また追い打ちを掛けるように、今年日本たばこ産業が調査した最新の喫煙率は19.7%とついに20%を下回り過去最低を記録したと発表していて

この傾向は高齢化や健康意識の高まりから今後も続くことが予想されます。



かつてタバコは「生活の句読点」といわれ庶民に親しまれいた時代も今は昔・・・

喫煙者の健康を考えて始まった禁煙運動は、いつの間にかタバコを取り巻く社会を否定するといった大きな変化を遂げてしまった(汗)

その原因を「時代の流れ」で片付けることはできないが、喫煙者がもっとも望まない未来のカタチになってたことは確かだ!

喫煙者の雇用に対する問題を取り扱った裁判の結果によると

「最高裁は、「企業者は、~契約締結の自由を有し、自己の営業のために労働者を雇用するにあたり、いかなる労働者を雇い入れるか、いかなる条件で雇うかについて、~原則として自由にこれを決定することができる」としており、採用の自由の原則を示している。したがって、喫煙者を採用するか否かは会社の自由であり、受動喫煙の問題や、健康増進法など昨今の喫煙に対する社会的通念に照らしても法的に許されないことはない。」

Sponsored Link

と喫煙者の採用の有無は会社側にあるといった判決がくだったり

喫煙する権利」についても

「喫煙の自由は、あらゆる時、所において保障されなければならないものではない。」

と喫煙の自由を制限するといった内容の判決が出ています

いまやタバコを吸う喫煙者にとって、日本はとても住みにくい国となってしまった(汗)・・・

喫煙者は禁煙するしか選択肢はないのでしょうか?


タバコを吸うイメージが良く思われなくなったいま、喫煙者がとる選択肢はタバコをやめるという選択肢の他に代替品を活用するといった方法が考えられます。

最近では海外からの電子タバコを利用する喫煙者が増えてきていて、ツイッターなどでもタバコから電子タバコに変えたユーザーのつぶやきをよく見かけるようになりました。





タバコを吸う習慣を無理にやめようとしなくても、電子タバコなどの代替品を使うといった解決方法もあるとは思いませんか?

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link