Sponsored Link

タバコが健康に悪いと社会から避難されるようになったのは、1953年アメリカでタバコ成分を使った動物実験の研究結果でタバコの発ガン性が雑誌で発表されたときです。

当時のアメリカでは、急激なガン患者の増加についてさまざまな調査が行われていて、タバコも調査の対象となっており疫学者がこぞって調査研究をおこなった結果、

タバコに含まれるタールなどの成分がガンを発病する作用があることを突き止めることに成功!

喫煙者が成人人口の約半数を超えていたアメリカでは大きな社会問題にまで発展し一気に健康意識が高まり禁煙運動が広まり始めます!

ガンの原因はタバコだったのか・・・・




こんにちは、運営者のMappyです。
どんな事でも凝り過ぎる・・
というのは問題でしょうか?



現在コンビニ等で販売されている紙巻タバコ(以下:タバコ)が初めて発売されたのは19世紀半ばのヨーロッパでその後アメリカへと販路を拡大していきます

19世紀半ばのアメリカでは紙巻タバコ(以下:タバコ)を吸う人は100人中1人いればよいほうで、吸わない人のほうが多数を占めていました。

しかし第二次世界大戦中に無量で配られたり、広告会社の戦略的な宣伝効果もあって1950年代には成人人口の約50%の人々がタバコを吸うようになります

また喫煙者の増加に比例するように、肺ガン死亡者数も増加し1900年初頭には年間4,5人しかいなかった肺ガン患者が

1950年代になると年間18,000人という驚異的な広がりをみせ、当時の疫学者は今後20年のあいだ、年間の肺ガン患者は毎年11万人以上でるだろうと予測してます!

この異常とも言える肺ガン患者数の上昇の原因を追求するべく多くの疫学者が研究に取り組み、喫煙と肺ガンとの因果関係を証明していったのです。

喫煙によって失った肺は2度と戻らない(汗)


一日一箱(20本)のタバコを20年以上吸い続けている喫煙者のガン発症率は、非喫煙者の10倍から30倍となることがオルトン・オクスナー博士らの研究によってあきらかになってきました!

喫煙者の中には日本人の肺ガン患者すべてがタバコが原因ではないといわれる方々もいますが、それについては正しい意見だと思います

多くの喫煙者はガンを発症するまえに、肺気腫や慢性気管支炎などの症状が悪化して表面化する事がほとんどでガンなどの悪性腫瘍は合併症として起こるぐらいです!

喫煙者はタバコを吸った本数だけ体に致命的なダメージを受け、喫煙の期間が長くなるほど息苦しさや呼吸困難といった症状が悪化していきます

これは怪我や不慮の事故などによって腕や足といった体の一部を失った時と同様に、喫煙によって失われた肺機能は2度と元に戻ることはありません!

結局ガンになる最大の原因ってなんなの?


僕達の周りには発ガン性の成分を含むモノが沢山あります!

例えば台所やトイレの洗剤や体を洗うシャンプーやボディソープといった液体状のモノや、テレビやクーラ・洋服をしまうタンスといったモノまで

日常の身の回りにあるほとんどの製品には少なからず体に有害な成分を含まれています。

常に無数の有害成分を含むモノ囲まれて生活している現代社会は、ガンを引き起こす原因について決定的な確証を得ることはとても難しいことです。

現在の医学でわかっているのは、ガンとは「老化によって細胞の劣化現象が引き起こす異常な行動」ということぐらいです!

またガンを引き起こす有害な成分でも体にとっては必要な場合もあります、太陽の紫外線は皮膚ガンを引き起こす原因だといわれていますが良い面もあって紫外線が体の骨を作るために必要な役割はたしています。

タバコも同じように考えてみると長期の喫煙と喫煙本数の増加によってガンや慢性疾病を引き起こす可能性が高まりますが、同時にストレスの緩和や気分転換などといった良い面もある!

そう考えると一日に二箱・三箱と吸うのではなく、本数や数日数を考え自分なりの楽しみ方を見つけて

くつろぎながら喫煙することは、慢性疾病のリスクを回避することにつながるかもしれませんね!

>>禁煙関連リンク-NO.1-


>>禁煙関連リンク-NO.2-

Sponsored Link

おすすめ!!当サイトの人気カテゴリ『簡単禁煙メソッド!』

あなたも僕に騙されて下さい! 全34ページからなる禁煙メソッド!タバコをやめるための考え方や心構えについてページごとにまとめてあります!時間がある時に読んで、禁煙のキッカケやヒントを持ち帰ってください!

『簡単禁煙メソッド!』の入り口はコチラから

Sponsored Link