Sponsored Link

タバコをやめるのが難しいと思われているのは禁煙を始めた時にでる禁断症状が辛く耐えられないと考えているからです。

喫煙者は1度この禁断症状を味わうと禁煙するのは辛く苦しいものだと意識してしまうのでますますタバコに依存する傾向があります!

こうなるといくらタバコをやめようと考えても、禁断症状の辛さを思い出して禁煙を先延ばしがちです。

禁煙するための対策をしないまま思いつきでタバコをやめようとしても上手く行きません。

自分がどうしてタバコを吸ってしまうのか禁煙した時の禁断症状をどうすれば乗りきれるのかなど、禁煙を始める前に吸いたくなった時の対策を決めておくことは禁煙に成功するために必要なことです。

禁煙したくてもなかなか行動に移せない喫煙者の考え方!


Sponsored Link
40万人が禁煙成功 離煙パイプ
www.rienri.net/
30日あれば誰でもタバコがやめれます



こんにちは、運営者のMappyです。
喫煙の行動パターンから
禁煙のキッカケって見つかるものです



禁煙を望む喫煙者の多くはタバコを吸い続けることでガンになり死亡するリスクが高まることは知っています!

しかし喫煙者は将来の健康やお金の事を考えて禁煙を決意しますが、いざ禁煙を始めようとすると「今日1日ぐらいはタバコを吸っても死ぬことはないだろう」と考えなおし禁煙するのを明日へと先延ばししてしまいます。

ですが、翌日になっても禁煙を始めることはせず延々と先延ばし続け「禁煙したいけど出来ない」という悪循環に陥ってしまっている喫煙者は多い!

これは、

①喫煙するか否かの決定を毎日自分で決めている

②タバコを吸うためにいくらかかるか値段を知っている

③「明日から禁煙すると」いうことを毎日繰り返して決める事ができるなど

タバコをやめようと意識するたびに、この3つの条件がピッタリと当てはまるので禁煙を先延ばしを続けてしまう!

禁煙を先延ばしする喫煙者の心理を理解する事は大切だよ!!


先ほどの禁煙を先延ばしする喫煙者の心理は、

『自宅学習をしたことがない子供が夏休みの宿題を毎日3時間しようと計画したのは良いが、結局夏休みが終わるまで宿題にまったく手をつけず学校の先生に怒られてしまう』事と似ていて

計画をしても実行に移さないで問題を先送りにしていると、結局何も変わらないどころか最悪の状況を受け入れるしかないのです。

禁煙を先延ばしにするということは、自分から進んでデメリットを受け入れるという事だと意識することです!

いくら頭で禁煙を意識してやめようと考えても、タバコを吸うたびに禁煙を先延ばししていると『関係のなかった死』が現実となり後悔しても手遅れになります!

タバコをやめたいと本気で思うならどこかで、先延ばしの鎖を断ち切らなければいけません

タバコを吸わない事だけを意識するのではなく、気持ちを切り替えて行動すること!


喫煙者がなかなか禁煙に踏み切れないのは、禁断症状の辛さを一度経験して不快な気持ちが頭に焼き付いて離れないからです。

禁煙を始めても挫折するのは準備や対策をしないで、我慢だけで『吸いたい気持ち』を乗り切ろうとするから!

そうではなく冒頭でも話しましたが禁煙するための準備や対策をしっかりとして、自分がどういうときに吸いたくなるのか?吸いたくなったときは何をすればよいのかと禁煙を始める前にしっかりと考えることで対応できるようになります!

吸いたい気持ちはどんなに我慢しても無くなることはありません、我慢するのではなく吸いたい気持ちを切り替えて行動することが大切です。

禁煙を先送りする思考は吸いたい気持ちを切り替えることでなくなります


禁煙するという事は、これまでの喫煙習慣を変えることです、喫煙してきた習慣は吸いたい気持ちを意識して音楽を聴いたり・漫画などの読書をしたりして切り替えて行動することで変えることが出来ます!

タバコをやめるにはタバコと向き合うしかありません、その為にはタバコについての知識を深め対策を練りタバコに戦いを挑むことです!

タバコを吸い始めた時のことを思い出して下さい、その時はタバコに慣れるため何度も喫煙の練習をしませんでしたか?

タバコをやめるのも同じことです、少しづつ意識してタバコを吸わないように気持ちの切り替えをしていくことでタバコを必要としなくなります

>>次の記事へ移動する

Sponsored Link