Sponsored Link

最近では、禁煙するためにニコチンの摂取量を抑えるニコパッチやチャンピックス等のタバコに変わる代替品を利用する喫煙者が増えてきています

また保険が使える禁煙外来も、テレビのCM効果もあって認知度が高まり利用者が増加傾向だという話しを耳にします!

ですがチャンピックスなどのタバコの代替品を利用してもなかなか禁煙できない喫煙者も沢山いるようですね!

僕はタバコの代替品や禁煙外来を利用するのはとても良いことだと思いますし、それでタバコをやめることが出来るのなら安い出費ではないでしょうか

もし代替品を利用するならこれだけは頭に入れておくこと!!


Sponsored Link
40万人が禁煙成功 離煙パイプ
www.rienri.net/
30日あれば誰でもタバコがやめれます



こんにちは、運営者のMappyです。
ニコチン依存症は・・・
やっかいな病気です(汗)



喫煙者がタバコを吸いたいと思うのはニコチンの禁断症状によるものです!

喫煙者が利用する、チャンピックス等のタバコの代替品は禁断症状を緩和する役割しかなく必ず禁煙できるという保証はありません!

それにタバコが吸いたくなるのは、あなたがタバコに依存しているという事を理解することです!

自分がタバコに依存している事が理解できないと、「ニコパッチやチャンピックスを使えば禁煙できる」とか「禁煙外来に通院したらタバコがやめれる」と何かに頼る気持ちが大きくなり、その結果タバコをやめれずに後悔してしまいます!

先ほども言いましたが、喫煙者はタバコに依存しているのです。

これは少しキツい言い方になりますが、タバコの依存を治すためにタバコの代替品や禁煙外来に依存しても(頼っても)上手く行きません。

ニコチンの禁断症状というのは2~3日もあれば治まりますが、タバコを吸いたいと欲しがる気持ちはこれまでの長い喫煙生活で身についた習慣なので意識して変えない限り無くなりません!

これまでにタバコの代替品を利用してもなかなか禁煙できなかったのは、タバコに対する意識の持ち方が原因なのです。

タバコをやめるために必要な事は「自分にとってタバコは必要ないから2度と吸わない」と頭の中で意識できるようになることです。

ニコパッチやチャンピックスなどのタバコの代替品や禁煙外来を利用するときには、「タバコは必要ないと」常に頭の中で意識して、

タバコが吸いたくなると「タバコを吸うよりも音楽を聴こう」と意識して気持ちの切り替え行動に移す習慣を作ることがタバコをやめる為には必要なこと!

※タバコを必要としない意識の持ち方については「禁煙失敗してタバコをやめれない考え方には共通点があるの知ってます?」を参考にしてください!

タバコを吸っても『ストレスは無くならない』と気付くのが大切!


喫煙者がなかなかタバコをやめる事が出来ないのは、タバコを必要だと思っているからです。

「いやっ いやっ そんな事1度も思ったことはないよ」と聞こえてきそうですが・・・

それならばどうして日常での不安やイライラなどのストレス感じるとタバコを吸うのですか?

タバコを吸えばリラックスしたり気分転換が出来ると感じているからではないですか!

何度もいいいますが、これは禁断症状の出た身体が喫煙によってニコチンを吸収した時に起こる緩和症状でストレスとは何の関係もありません!

ただほとんどの喫煙者はこのことをなかなか理解しないし、禁煙を始めてもストレスとタバコが関係ないことが判る前にタバコを吸ってしまう事が多い(汗)


ストレスとタバコが関係ないと気付くには、最低でも3日または長くても1ヶ月間はタバコを吸いたい気持ちを喫煙者自身が意識して別の行動をするように気持ちの切り替えをすることが必要です。

禁煙に成功したければ、最低でも3日間(長くて1ヶ月間)だけ吸いたくなったら意識して別の行動に変える為に気持ちの切り替えを行い続けるだけで、タバコを必要としなくなり2度と吸いたいとは思わなくなります。

僕の記事を読んでいる喫煙者は失敗しても何も失うものはないと思います、なので騙されたと思って行動してみてください!

タバコの代替品に『依存しない』ためにするべき事!!


あなたが本気でタバコをやめようと思うのなら、代替品を使用する前に意識しておくことがいくつかあります。

1つ目:タバコの代替品を使い終わったら2度と(タバコは)吸わないと自分自身に誓うこと!

2つ目:自分にはこの方法しかないんだと思い込む!!

3つ目:吸いたい」と思ったら必ず違う事を意識して行動に移すこと!

4つ目:不安やイライラなどのストレスを少しでも感じたら、タバコ以外の事で気分転換できるように常に意識して行動すること!

5つ目:最低1ヶ月は上の4つの事を毎日意識して続けること!!

喫煙の行為は、あなた以外の誰かが直してくれるものではありません!

代替品を使用するのも同じことで、使うことで治るわけではなく代替品や禁煙外来を利用して禁煙を成功させるのです!

最初にも言いましたが喫煙者はタバコに依存しています、依存した状態を治すために何かに頼るという行為は現状をより悪化させる危険性が高いことを自覚しておいて下さい

そうならない為にも、自分自身がどうしてタバコの代替品や禁煙外来を使うのかをよく考えて『頼る』のではなく『利用する』という事をしっかりと理解できると間違いなくあなたの禁煙が成功するために役立つアイテムとなるはずです

タバコの代替品を『利用する』とはどんなことなの?


『利用する』というのは何かルールを作る時と似ていて、ニコパッチやチャンピックスを例にすると

タバコの代替品を使う前に自分自身でいくつかタバコが吸いたくなった時や不安やイライラなどのストレスはを感じた時に、何をするのかをあらかじめ決めておくことです。

僕の場合は、タバコが吸いたくなると頭の中で「タバコは必要ないから2度と吸わない」と唱えて、その代わり音楽を聴いたり散歩をしたりと意識して考え行動に移しました。

タバコを吸わない為にどうすれば良いのか意識して考え行動に移す事をしていると、最低でも3日間(長くても1ヶ月間)ほどでストレスを感じてもタバコを吸いたいと思わなくなります

またタバコを我慢しないで吸いたい気持ちを意識して変える行動を続けていると、タバコの臭いに敏感になり嫌悪感を感じるようになるのでよりタバコをうけつけにくい身体へと変化していきます!

>>次の記事へ移動する

Sponsored Link