Sponsored Link

タバコに含まれている成分が自分の身体に良くない事を喫煙者は知っています

ですが・・タバコを吸うことで自分以外の人に及ぼす悪影響については知らないか? 知ってても関心がないことのほうが多いようです!

あなたが吸っているタバコが原因で(タバコを吸わない)大切な人が突然亡くなったらどうしますか?

「ハハハハっ・・・まさか? たかがタバコの煙ぐらいで簡単に人は死なないよ!まして、(大切な人が)タバコを吸っているワケでもないのに・・・」

なんて考えは不幸な出来事が現実になったとき

もっと早くタバコをやめていたら

なんて自分を責めることになりかねません!

受動喫煙って何のこと、全然わからないさぁ・・


Sponsored Link
40万人が禁煙成功 離煙パイプ
www.rienri.net/
30日あれば誰でもタバコがやめれます



こんにちは、運営者のMappyです。
タバコの煙は消えてなくなりません!
煙に含まれる有害成分は、喫煙すると
常にあなたの周りに漂っています


タバコを吸う人の煙を間接的に吸うことを受動喫煙といいます! 

喫煙者がタバコを吸うときに発生する煙に含まれるニコチンやタール・一酸化炭素など多くの有害成分を非喫煙者が吸うことで

非喫煙者の健康に影響を及ぼす受動喫煙の被害が近年の調査で浮き彫りになってきます

タバコに含まれる有害成分は煙に混じって洋服や身体に付着したり部屋のカーテンや壁に蓄積するので、洗濯や雑巾がけでしっかりと拭かないかぎりなくなることはありません!

また喫煙者が家の外や換気扇の前でタバコを吸う行為には臭いを防ぐ効果はあっても完全に有害成分を取り除く事はできません!!

タバコを吸うたびに、毎回お風呂に入ったり身に着けている服や窓にかかってるカーテンを洗濯をして壁の雑巾がけをするのなら別ですがそんな面倒くさいことは誰もやりませんね!

毎日タバコを吸う人は、かなりの量の有害成分が蓄積している部屋の中で生活していることとなり

そこにパートナーや子供が一緒に暮らしているのなら四六時中タバコの有害成分を吸っている事になります!

日本人の平山博士が行った追跡調査では驚きの結果が・・・・でたゾッ!


学者というのはとても奇妙な生き物ですね!

平山博士は16年かけて約9万人の喫煙者の家庭環境を調査した変人ですが、

その結果タバコを吸う喫煙者よりも一緒に生活しているタバコを吸わないパートナーのほうがガンで死ぬ確率が高いという調査結果を1981年にWHOに報告しています!

いやぁこの平山博士のせいで世界中の人が受動喫煙の被害にたいする意識が高まり公共の施設や路上などでの喫煙を禁止する運動が広がっていったのです。

喫煙者にとってはなんとも迷惑な話だと思います!

ただ別の言い方をすると、多くの喫煙者がこの事実を受け入れて禁煙を始めた結果・・・

大切なパートナーや愛する子供をタバコの被害によって失わずにすんだのです。

受動喫煙による健康被害はガンだけではないのだよ!!


タバコは乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の大きな危険因子です。~中略~・・妊娠したらたばこはやめましょう」という文章を見たことはありませんか?

これはあなたが吸っているタバコのパッケージに警告文として書いてあるもので「タバコを吸うと子供が突然死するのわかって吸ってね!」という内容で2006年にアメリカの調査機関から発表された調査結果の内容をJT(日本たばこ産業)が抜粋して掲載しているのです!

タバコのパッケージに書かれている警告文は、内容が難しく意味が理解し難いので多くの喫煙者は見ることすらしないと思います!

調査好きな変人科学者のおかげなのか近年ではタバコに含まれる有害成分が原因で

気管支喘息やアトピー性皮膚炎などを発症する可能性が高いということも最近の調査でが徐々に明らかになってきています。
(参考:喫煙と禁煙の健康経済学「著者 荒井一博」)

タバコを吸うことで起こる健康被害は喫煙者だけに納まらない・・


タバコを吸い続けたばかりに自分の愛する子供が突然亡くなったり、大切なパートナーがガンに冒され苦しみながら死んでいく姿なんて想像するだけでも悲しくて恐ろしいことです。

もしあなたのパートナーや子供が、自分が吸っているタバコが原因で病気に冒されたらどうしますか?

僕でしたらタバコを吸っている自分を呪います!!

タバコとガンの因果関係は無いという研究結果が最近発表されて話題になりましたが、だからといってタバコを吸う理由にはなりませんよ!

吸い続ける限りタバコが原因で大切なパートナーや愛しい子供を失ってしまう危険性は無くなりません!

それでもあなたにとってタバコは必要なのですか?

タバコを吸っている女性が妊娠をキッカケに禁煙を始めるのは全体の40%ぐらいです。残りの60%はいくら自分の子供が可愛くてもタバコをやめることが出来ないそうです! 

今の文章を見てあなたならどう思いますか・・・

多分男性の喫煙者の方なら、「子供の事を本気で思うのならタバコをやめるべきだ」と思う方が多いのでは無いでしょうか?

愛する子供を大切に思うならタバコなんて必要ありませんね

あなたは自分の子供にタバコを勧めますか?


喫煙者の子供はタバコを吸う可能性が高い・・・

僕の父親もタバコを吸っていましたが一度も僕にタバコを勧めたことはありませんでした!

反対に「タバコなんて吸うもんじゃない」とタバコを吸うのを否定する事をよく言い聞かされました。

当時は家の中に当たり前のようにタバコがありましたし父親がたばこを吸うのは普通の光景でした。

小学生の頃、タバコを吸っている父親に喫煙の理由を聞くと決まって「イライラするから」という答えが返ってきました!

ハッキリと覚えてませんが幼い頃の僕は、父親の返事に対して「タバコを吸うとイライラしなくなるんだ!」と思ったのかもしれません。

また学校で道徳の時間に受けた「タバコの授業」では、タバコを吸うと心臓病やガンなどの病気にかかり早死するから喫煙はいけませんと教えられました・・・しかし タバコを吸えばやめられなくなるといわれた事は一度もありませんでした!

今思えば僕が17歳でタバコを吸ったのはタバコが身近にあったのと父親が吸っていたことが関係していたのだと思います!

よく父親はタバコを吸いながら「タバコを吸うな」と僕にいいましたが

タバコを吸ってる人に「吸うな」といわれてもあまり説得力はありません。

「タバコを吸うな」と言いながらタバコを吸う父親のタバコに興味を持つのは好奇心の強い子供時代なら当然の事だったのだと思います。

あなたは自分の子供にタバコを勧めますか?

どんなにタバコの害について子供に言い聞かせても、あなたがタバコを吸っていてはなんの説得力もありません。

子供にタバコを吸ってほしくないのならあなた自身がタバコを必要としなくなることです!

>>次の記事へ移動する

Sponsored Link