Sponsored Link

タバコは健康に悪い!」この事は、タバコを吸っている喫煙者も知っています!

しかしタバコが身体の疲労感を倍増させていることにほとんどの喫煙者は気付いていません!

ですが、あなたが最近疲れやすくなってきたのは年をとったからではなく目の前にある1本のタバコが原因なのです。

タバコを吸い続けると疲れやすくなるのはどうして?


Sponsored Link
40万人が禁煙成功 離煙パイプ
www.rienri.net/
30日あれば誰でもタバコがやめれます



こんにちは、運営者のMappyです。
タバコを吸うと身体は
極度の緊張状態を起こしています!



毎日吸っているタバコをしばらく期間を開けて吸った事がある人なら経験があると思いますが、

久しぶりに吸うタバコは言葉では表せない宙に浮いたような高揚感を感じます!

これはタバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ血液の流れを悪くすることが原因で、ストレスとは何の関係もありません!

タバコを吸う本数に比例して血管が何度も収縮を繰り返すと

身体は極度の緊張状態になり、本来であれば心臓や肝臓などの臓器に送られる筈の新鮮な酸素が身体全体に十分に行きわたらずに酸素不足を引き起こしてしまいます!

またタバコに含まれる一酸化炭素が酸素と一緒に血液に取り入れられると、一酸化炭素が疲労の元となる毒素を大量に作り出してしまうので喫煙者は疲労感が蓄積されてなかなか疲れが取れないと感じるようになります。

喫煙習慣が長い人ほど慢性的な疲労感を訴えるのはタバコを吸うたびにニコチンによって血管が収縮して極度の緊張状態になるのと一酸化炭素を体内に取り込むことで毒素を大量に作り出しているのが原因です!

タバコを吸い続けるとやがて鬱(うつ)の症状がでてくるぞ!


タバコを吸うのは現実逃避をしたいから!」という記事をずいぶん前に新聞で読んだことがあります!

「仕事をしていない休みの日ぐらい家でのんびりさせてくれ・・・」そういいながらベランダにでてタバコを吸う喫煙者は多いと思います。

タバコをやめる前の僕も同じで「タバコを吸っているときはリラックスできて何も考えなくてすむ!」と思ってました。

タバコを吸うのは仕事とは関係なく、休日でも吸う本数は変わらないかむしろ増える傾向が高いのではないですか?

最近では就業時間内の喫煙は全面禁止という規則の会社も増えてきてるので休日のほうがタバコを多く吸う方も多いのではないでしょうか?

休日にリラックスして何も考えない時間を過ごすのは良いことです。

ただ・・・タバコを吸ってもリラックスは出来ません!

むしろ喫煙することで身体は極度の緊張状態にあるのでリラックスどころか逆に疲れが溜まる事が多い!

休み明けの仕事をするときに疲労感が残っているのならタバコを吸った事が原因だと考えてもよいでしょう!

タバコを吸う本数が増えるのは、身体からニコチン出て行った事でソワソワやイライラなどの落ち着かない状態に違和感を感じ身体がニコチンを取り込もうとするからで、これはタバコに含まれるニコチンの禁断症状です!

ニコチンの禁断症状はストレスを感じた時と似ているので喫煙者はタバコを吸って気分を落ち着かせようとします。

しかし、ニコチンにストレスを発散させる効果は全くないので吸えば吸うほど不満や不安などのストレスを感じるように気持ちが変化してきます。

タバコを吸う本数が増えてくるとタバコを吸っている時の無気力感に依存するようになりがちです!

けれど身体はニコチンによって極度の緊張状態にあるので喫煙者はリラックスしている筈なのに気分が晴れないという不思議な感覚を覚えます!

心を落ち着かせようとしてタバコを吸って逆に気分が滅入ってどうしようもなく不安な気持ちになったことはありませんか?

禁煙を意識しない時にはタバコを吸う事でストレスを発散して気分をリラックスできていると思っているので、喫煙の行為に不満や不安などのストレスを感じることはあまりないと思います。

しかし、自分の健康やお金のことを考えて禁煙を意識したり1度でも禁煙に失敗すると、タバコをやめれない自分への苛立ちと家庭や職場でのさまざまなストレスが重なって喫煙に関係なく四六時中イライラとストレスを感じるようになります。

このような状態が、タバコを吸っているときは「やめたい」と考え、タバコを吸わない時は「どうしたらタバコが吸えるか」とまるでメビウスの和のように終わりのないストレスを自分自身で作り出しているのです。

こうなると、何も考えたくないという無気力感を求めるようになりタバコの本数は増えていきます、

ですが身体はニコチンによって極度の緊張状態になっているので喫煙者は心と身体のバランスが崩れ精神的にも肉体的にも不安定な状態が続くようになります!

そしてタバコを吸う本数が増えるほど心と身体のバランスが崩れた状態も長く続くので精神が病んで鬱(うつ)の症状になる可能性も高くなるという悪循環が出来上がってしまいます。

肉体がさきか?精神がさきか?・・・それとも・・


タバコを吸い続けることは、身体にとっても良くありません! 

なぜなら気付いた時にはすでに手遅れという可能性が非常に高いからです!

あなたは、タバコを吸って病気になった人の肺や心臓などの臓器や舌がんでアゴごと切り取った人を見たことはありませんか?

もし見たことが無いのなら僕のサイトにも、タバコと病気というカテゴリーで紹介しているので興味があれば読んでみてください!

タバコが原因で呼吸困難になり常に酸素ボンベを持ち歩く肺気腫という病気で不自由な生活をするのが先か、

それともタバコが原因で精神を病み正常な日常生活を送るのが出来なくなるのが先か・・

タバコを吸い続ける限り身体も心もタバコによって汚染され続けます。

あなたならどちらを望みますか・・・・

身体が先にガンなどの病気に冒されるのを望みますか?

精神的に不安定な鬱(うつ)の状態になるのを望みますか・・・・

それとも今すぐタバコを吸うのをやめて病気になるリスクを無くしますか?

タバコと肺がんの因果関係は無いという記事も最近では紹介されていますが・・・

タバコを吸い続けることで確実に病気にかかるリスクは大きくなります!

今でなくても、いつかはタバコをやめることが出来るよ

といった喫煙者がタバコをやめたのはガンに冒され余命1ヶ月と宣告されたときでした。

しかもタバコをやめれたのも自分でタバコを吸うことが出来なかったからです。

あなたの目の前にある1本のタバコは、今すぐにあなたの命を奪うことはしません!

ですが吸い続けているかぎり確実にあなたの体から少しづつ自由を奪っていることを忘れないで下さい!

「気がついた時には手遅れだった・・・となる前に 勇気を振り絞って考えてみてください!」

今のあなたにとってタバコは本当に必要ですか・・・・

「希望のある未来に、あなたは今までと変わらずタバコのある生活を送り続けるつもりですか?」

「タバコを吸わなければ、なることもない病気に怯え続ける毎日が過ごしたいのなら構いません!」

「ただし、タバコのない生活は本当に素敵ですよ! 吸いながら「やめよう」と考えることはないですし、タバコが原因で将来を悲観することもありません。」

あなたには、タバコの無い生活を十分に過ごす権利があるのです!
その素晴らしい権利を目の前にある1本のタバコの為にみすみす諦めてしまうのは本当にもったいないことだとは思いませんか?


>>次の記事へ移動する

Sponsored Link