Sponsored Link

禁煙外来や禁煙商品を販売しているお店を見ると必ず出てくる
”ニコチン中毒やニコチン依存症”という言葉。

タバコには確かに依存症はあるけれど
依存とニコチンが関係しているとは思えません。

今回はニコチン依存症について書いていきます。

ニコチン依存症とはどんなもの?


こんにちは、運営者のMappyです。

 

 


【ニコチン中毒or依存症とは】
ニコチンとはタバコの葉に含まれている依存性の高い薬物です。
参照:ウィキペディアニコチンとは


禁煙を推奨するサイトにはニコチン依存について
以下のような説明をしています。

『喫煙者は日常的にタバコを吸うことによって
ニコチンを体の中に取り込み不安やイライラなどの
不快な気持ちを和らげるます。

しかしタバコを1時間も吸わないでいると
体の中にあるニコチンが減りタバコを吸いたくなります。

この一連の行為がニコチン依存や中毒症状で
喫煙者の間では「ニコチン切れヤニくれ」という
言葉が会話の中に出てきます。』

ここで中毒という言葉の意味を調べてみると!

【中毒とは】
置かれた状況に慣れて
特に変わったことだとは感じなくなること。

またあるものへの依存が強く少しでも不足すると
非常に強い飢餓(きが)感を持つようになる
参考:goo辞書中毒とは

Sponsored Link


日本語では”依存症”は症状が軽い時に使い、
”中毒”とは症状が重い時に使うなど
分けて使用されますが英語では
Addiction(アディクション)という
1つの単語で”中毒と依存症”の意味を表しています。


ニコチン切れの症状について


喫煙者がタバコを吸わないでいるとどうなるのでしょうか?

製薬会社のファイザーでは大きく分けて
9つのニコチンが切れた時の症状が
あらわれると発表しています。

それぞれ見ていくと

とてもタバコが吸いたくなる
そうでしょうか?タバコは吸いたくて吸っていますか?

気分が落ち込む
タバコを吸うと気分が良くなるのでしょうか?

イライラ・欲求不満・怒りのいずれかを感じる
タバコを吸っている人はいつも笑っていて
けっして怒らないのでしょうか?

僕はタバコを吸う人ほど短気に見えますが

不安を感じる
タバコを吸うことで不安は解決しますか?

集中できない
おかしいですね?
タバコを吸うと持続力がなくなるので
集中力はむしろ悪くなると思いますが・・・

落ち着かない
本当にタバコが吸えないからですか?

食欲が増す
タバコを吸うと食欲が減るのですか?
太っている人がタバコを吸うのを
よく見かけますが・・・
あれはタバコが吸えない時に
やけ食いでもしているのでしょうか?

寝付きが悪い
眠れないのはタバコを吸う以外にも
気になることがあるからではないですか?

眠っても途中で目が覚める
悪い夢にうなされたのではないですか?

ファイザーが発表している
ニコチン切れの症状を見ていて
思ったのですが

最初の「とてもタバコが吸いたい」以外は、
タバコを吸わなくても
起こりえる症状だと思います。

ニコチン依存症なんて存在しない


ニコチンについて説明している
ウィキペディアやファイザーなどの
禁煙応援サイトでは、
ニコチンは薬物依存に
分類されていますが、
ニコチンが切れることによっておこる
禁断症状については
ファイザーの発表した
症状からもわかるように
あいまいな説明しかありません。

薬物依存の代表的である
アルコール中毒や麻薬中毒は
服用期間が長くなるほど
生活に深刻な影響をあたえるし
1度に摂取する薬物の量も
依存する期間に比例して
大量になってきます。

タバコに含まれるニコチンに
依存性があると考えると
次に紹介する事例では、
依存性があることについて
疑問点が浮かびます!

『ニコチンやタールを多く含む
メビウスのオリジナル
[ニコチン0.8mg/タール10m]を
吸っていた人が
ニコチンやタールの量が少ない
メビウスのワン
[ニコチン0.1g/タール1m]に
かえる喫煙者を
何人も見てきました。

しかも喫煙年数が長い人ほど
「キツイ」とか「のどが痛い」
などの理由でニコチンやタールが
少ないタバコに変えています。』

ニコチンに依存性や
中毒性があるならば
喫煙者はニコチンやタールが
少ないタバコから
喫煙年数の期間に比例して
ニコチンやタールが
多いタバコを吸うのでは
ないでしょうか?

以上のことから
タバコに含まれる
ニコチンの依存性にには
疑問が出てきますね


どうしてタバコを吸うの


ニコチンに依存性が
ないのなら
喫煙者はどうして
タバコを吸うのでしょうか?

タバコを吸っている
時のことについて
考えてみるとその答えが
見つかるかもしれません!

今から20年も前の1990年頃は
職場でタバコを吸いながら
仕事をするのが一般的でした。

その頃のテレビドラマを見ると
お客を載せたタクシーの運転手が
車内でタバコを吸いながら
運転している光景があります。

その頃は、タバコを吸うのは
大人のステータスというイメージがあり

タバコのCMも
当たり前のように
放映されてました。

タバコを吸うのが
普通の時代だったんですね。

しかし現在では
職場はもちろん外でも
タバコを吸う場所に制限ができて
いつでもどこでも気軽に
タバコを吸えなくなりました。

喫煙者は用意された喫煙所か
場所を変えてからでないと
タバコを吸うことが出来ません。

たばこを吸うのは休憩するため
都合の良い言い訳する口実を
あたえるキッカケになります。

喫煙者がタバコを吸うのは
心のよりどころを探す
精神的な依存のほうが
強いのだと思います。



まとめ


ニコチンによる薬物依存ではなく
心を落ち着かせることによる
精神的な依存によって
タバコを吸うと考えると、

禁煙を始めてしばらくして
我慢できずにタバコを
吸ってしまうのは
タバコを吸わない自分を
受け入れる準備ができていない
からではありませんか?

Sponsored Link