Sponsored Link

多くの喫煙者は、タバコは
身体に悪いという事は知っているし
出来ることならスパッと辞めて
タバコのない生活を
満喫したいと思っている。

しかし禁煙に挑戦しても
タバコの誘惑に負けて
吸ってしまうことが
よくあるのも喫煙者は理解しています。

今回はタバコをやめられない時の
言い訳について書いていきます。



禁煙に挑戦した多くの喫煙者が体験するタバコの誘惑


こんにちは、運営者のMappyです。

 

 


まずは禁煙に失敗した時の言い訳を見て行きましょう。

この1本を最後に本気でタバコを辞めよう
タバコを吸う事でストレスを発散できる
気がついたらタバコを吸っていた
目の前にタバコがあるからつい吸ってしまった
我慢できなくてタバコを吸ってしまった
職場や家庭で嫌なことがあってイライラして思わず吸ってしまった
友達や同僚がタバコを吸っているのをみて1本もらった
ヒマすぎてやることないからタバコを吸った
タバコを吸わないと調子が悪くなるから
仕事に集中するにはタバコが必要だから
禁煙してタバコ吸わないでイライラするのが嫌だった


さすが言い訳ですね~タバコを吸う口実を
見事に表現しています。

我慢できなくてタバコを吸ってしまった後の行動は・・・・


目の前の1本のタバコに火をつけて
吸ってしまった多くの喫煙者は、
その行為を後悔しないために
いろんな言い訳をつけて自分自身を
正当化しようと必死になります。

ですが結局、禁煙できなかったことを
後悔し罪悪感を感じたり
自分には自制心がないから
禁煙は無理だと半ば諦めた状態で
しばらくはタバコを吸い続けます。

しかしある程度月日が経つと
また禁煙に挑戦しようと努力します・・・・

そして「禁煙してタバコを我慢できずに吸う」
というイタチごっこがタバコを辞めるまで延々と続きます。

タバコを辞めない時の言い訳は精神的にも良くない


僕もそうですが、人は否定されると
嫌な気持ちになります。

禁煙に失敗してタバコを吸ってしまったときの
言い訳はある意味、”禁煙できない自分自身を
否定している
”ようなものです。

僕はタバコを吸いながら
禁煙している自分を思い浮かべ
吸ってしまった行為を後悔することが
よくありました。

禁煙中にタバコを吸うことで
得られる安心感は、ほんの一瞬で
その後は吸ってしまったことに対する
自己嫌悪や罪悪感が残ります。

辞めない言い訳をするぐらいなら吸わなければ良いじゃないかというけれど・・


冒頭にも書いたとおり、ほとんどの喫煙者は
タバコを辞めたいと思っています。

喫煙者に「あなたはタバコを辞めたいですか」と質問すると
多くは「はい」と答えるでしょう。

また「今ではタバコを吸っているけど、
もしタバコを吸うまえの自分に戻れるとしたら
またタバコを吸いたいと思ういますか」との質問には
全員が「いいえ」と答えるでしょう。

ほとんどの喫煙者は、初めてタバコを吸い始めるときに
「タバコが周りに気を使いこんなにも高いお金を
払い続けることを知っていたら、吸わなかったのに」
と後悔しています。

まとめ


タバコを辞めない言い訳をすることが
禁煙を失敗しやすくしているのではないでしょうか?

タバコの禁断症状は麻薬や酒より強くないことは、
寝ているときや病気のときにタバコを吸わなくても
平気なことからわかります。

禁煙に失敗している喫煙者は
実はタバコを吸っている自分に
洗脳されているのです。

喫煙者はタバコを辞めようと思い禁煙を始めます。

しかし禁煙を始めた瞬間から
タバコを吸えない自分に
ストレスを感じているので
吸えない時間が長くなるほど
タバコを吸う言い訳を探し求め
ついにはタバコを吸ってしまいます。

こう考えてみてはどうでしょう?

タバコを吸い終わった時から
次にタバコを吸うまでの間は
タバコを吸っていない・・・

つまり禁煙できていませんか?

それならばタバコを吸うことで
自分に言い訳をするよりは、
吸ってしまった自分を認め
言い訳を減らすことが
タバコを辞めるには近道だと

Sponsored Link