Sponsored Link

タバコから出る煙に含まれる成分は、
喫煙者の健康を脅(おび)やかすことが判っています。
しかし喫煙者のタバコの煙が周囲に及ぼす健康被害についてまだまだ広く
知られていません。

今回は喫煙者のタバコの煙を吸って非喫煙者が
うける健康被害について書いていきます。

タバコの煙には2種類ある!


こんにちは、運営者のMappyです。

 

 


タバコは健康に悪いことは
今や多くの人が知っています。

しかしタバコを吸わない人が
うける健康被害については
あまり知られていません。

タバコの煙には主流煙(しゅりゅうえん)と
副流煙(ふくりゅうえん)の2つがあります。

主流煙は喫煙者がたばこを吸うときの煙のことです。

副流煙とはタバコの火をつけた
先端(先っちょ)から出る煙のことです。

副流煙に含まれる有害成分は
主流煙の2倍ともいわれ、
吸わない人がうける影響はとても大きい。

※受動喫煙とはタバコを吸わない人が
間接的にタバコの煙を吸い
タバコの害を受けることです。



知らないうちに加害者に!受動喫煙でおこる健康被害!!


タバコの副流煙がおこす健康被害は、
タバコを吸う人と同じかそれ以上ともいわれ

居酒屋やパチンコ店などの
禁煙席のない店では
受動喫煙によって副流煙の影響を
確実に受けています。

また家でタバコを吸う人は、
タバコを吸わない家族にも間接的に
タバコの害を押し付けていることになります。

タバコを吸う人は、
自分の健康については敏感ですが、
自分の吸うタバコが周囲にあたえる
健康被害については
気にする人が
少ないように思います。


なかなか広がらない禁煙席や禁煙スペース


ファミレスや大手デパート等では
タバコを吸う禁煙席や禁煙スペースが
整備されていますが、

個人経営のお店や居酒屋などの飲食店では
まだまだ禁煙席が整備されていないところが多く
タバコ吸わない人へのサポートが充実していません。

お店を経営する側もお客の判断に
任せていることがほとんどで、
その結果タバコを吸わない人が
受動喫煙によって不快に思っても
何もできないことがよくあります。


まとめ


タバコを吸う人は、
喫煙の自由を主張しますが
受動喫煙によってタバコの煙は
吸わない人の健康にも影響をあたえます。

赤ちゃんや小さい子どものそばで
タバコを吸う喫煙者や

妊婦の隣でタバコを吸う喫煙者を見ると

受動喫煙によっておきる健康被害について
まだまだ広まっていないことに驚きます。

タバコの灰や吸い殻だけでなく
タバコの煙についてほんの少し
周囲に気を使うことでタバコを吸うイメージが
良くなります。

喫煙者は、マナーを考えてカッコ良い
タバコ好きでいてもらいたいですね。

Sponsored Link