Sponsored Link

たばこを辞めることの
メリットはタバコ代が
浮くことです!

僕は禁煙を続けるために
3ヶ月間毎日タバコ代を
500円づつ貯金して
約6万円ちかくお金を
貯めることができました。

今回はタバコ代を貯めることに
ついてまとめてます。



禁煙するキッカケで貯金を初めてみる


こんにちは、運営者のMappyです。

 

 


タバコを辞めるキッカケは
人それぞれですが、
僕の場合、100円ショップで
購入した貯金箱に
タバコを吸う代わりに
毎日500円を貯金しました。

タバコを辞めた最初の7日間は、
タバコを吸いたくなる衝動を
抑えるために
コンビニや居酒屋などタバコと
関係がある場所を
ひたすら避けました。

貯金をしたことが無かった僕は、
貯金箱の中で500円硬化が
重なりあう音を聞くと
なんともいえない気持ちに
浸っていました。

禁煙を始めて1ヶ月もすると
貯金箱の中の500円玉が
増えていくことに興味がわき、
タバコを吸いたいという気持ちは
自然と薄れていました。


タバコ代を貯めることで変わる禁煙意識。


僕の場合、毎日500円玉を貯金して
重くなる貯金箱を持つことで
タバコを吸うことへの意識が
変化していきました。

「吸えばなくなるタバコ」と
「使わなければなくならないお金」

僕は、タバコを吸いながら
「タバコを辞めたい」と
思っていたので
喫煙のリスクと
貯金のメリットを
比較して貯金のメリットを
選んだおかげで
現在も禁煙を続けています。

それにタバコを吸わずに
貯金をすることで
将来、タバコが原因で
入院や手術にかかる費用についても
考えるようになりました。

その結果、タバコを吸うことへの
興味が完全になくなりました。


まとめ


タバコを辞めるキッカケとして
タバコ代を貯金することを選び
3ヶ月(112日)で
56,000(1日あたり500円)も
貯めることが出来ました。


56,000円という金額は
煙を吸って吐くだけで
毎日500円も使っていたことを
「無駄」だと思うのに
十分な金額でした。

僕も禁煙する前は、
「タバコを辞めるとお金が貯まる」と
本やネットで書いてあるのをみてましたが
どうせ自分には無理だと思っていました。

しかし知識として知るよりも
行動してみて始めて
僕自身が今まで
タバコに使った金額の
大きさに気づくことが
できました。

禁煙をすることで
タバコを辞め、お金も貯まり、
貯金の大切さを発見することができました。

タバコ代を貯めるということは
タバコを辞めるメリットの1つです。

禁煙を長く続けるだけ
貯金箱の中のお金も
増えていくので
この方法はおすすめです。

Sponsored Link