Sponsored Link

禁煙中に我慢ができず
ついタバコを吸ってしまう事は
ありませんか?

過去何度も禁煙に挑戦した僕自身
タバコの誘惑には勝てず
何度も挫折を経験しています。

今回は、禁煙中に
タバコを吸ってしまった
時にとる対応を
僕の経験を交えながら
書いていきます。

タバコを吸うのはストレスが原因ですが!

禁煙中の喫煙には、
いろんな原因がありますが
その多くはタバコを
吸えないことへのストレスです。

「もう2度とタバコが吸えない」
という想いが喫煙への
欲求を高めます。

これはタバコをやめる
「理由の決定」に
原因があります。

タバコをやめようと
決心するには
自分で決める場合と
周りの人から強制される場合とが
あると思いますが、
後者の人ほど禁煙に失敗する
可能性は高くなります。

これは例え話ですが、
子供が親から勉強しなさいと
言われてもなかなか
勉強しなかったことに
似ていて人間は物事を
強制や強要されると
ストレスを感じてしまい
その事について興味を
なくしてしまうからです。

禁煙はタバコを吸う習慣を
変えることなので、
自分自身がタバコを
やめたいという意識を
強く持たないと
無意識にストレスの影響を
受けてしまうのです。

禁煙中にタバコを吸ってしまうことに罪悪感を持つのは良くない!


そうはいっても
禁煙中にタバコを
吸ってしまうとどうしても
「吸ってしまった後悔と罪悪感」を
持ってしまいがちです。

僕も禁煙を失敗した時は、毎回
「なんて僕はダメなヤツなんだろう、
禁煙してもすぐ挫折して
タバコを吸ってしまうなんて
最悪だ!!」と頭の中は
罪悪感でいっぱいになりながら
タバコを吸ったことを
後悔してました。

そうはいっても
禁煙を失敗したことを
いつまでも引きずっていては
よくありません!

大切なのは
禁煙を失敗したことを
受け入れることです。

そして禁煙した期間を
メモ帳などに書いて
短い期間でも
禁煙することが出来た
自分自身を
褒めてあげることです。



タバコを吸いながらもう一度禁煙のメリットについてじっくり考えてみる


禁煙に失敗した時には
ある程度タバコを
吸い続けてみることです。

タバコを吸いながら
禁煙のメリットを考えると
(禁煙を)失敗した理由が
ハッキリとしてきます。

喫煙中にタバコを
吸ってしまう人の中には
「意志の弱さ」を
理由にする人がいますが
僕はそう思いません。

まとめ


今回の記事はどうでしたか?
禁煙中にタバコがやめれず
ついつい吸ってしまうときは
思い切って(タバコを)吸い続けることで、
禁煙する理由がハッキリとします。

僕が最後に禁煙をした時は、
タバコをやめると意識し
自分自身で禁煙を始めました。

そしてタバコにかかわりのある
コンビニやスーパーなどのお店や
食道・居酒屋には、約2週間の間
まったく行きませんでした。

タバコを吸いたいと
思う気持ちも
禁煙をはじめて24時間を
過ぎればほとんど薄れ
2週間も経つとタバコを
意識することは
なくなっていました。

タバコを吸わないことで
自分が得るメリットや
タバコを吸い続けることで
自分が失うデメリットを
ハッキリと意識して
自分自身で禁煙を
始める事ができれば
必ず成功します。

何度も失敗した僕が
ゆうのもなんですが
続けていればかならず
成功するので
諦めずに頑張ってください。

Sponsored Link